公務員の児童手当はいついくら支給される?支給日や金額の計算方法!

zidou

スポンサーリンク

児童手当の支給日・支給時期

公務員の児童手当は6月、10月、2月に支給されます。支給される日にちは給料日です。

平成30年度は6月21日、10月19日、2月21日が支給日になります。

支給されるのは年3回ですが、児童手当の金額は月額で算出されるので、4ヶ月分を3回に分けて支給されることになります。

6月は2月~5月分、10月は6月~9月分、2月は10月~1月分です。

それぞれの月の給料明細を見てみると、その月に児童手当が一気に支給されているので確認してみてください。

支給されている金額を4で割ってみると、今現在月額いくらの児童手当が支給されているかわかります。

児童手当の金額

児童手当の金額は子どもの人数、年齢によって決まります。

子どもの人数は変わっていないのに、児童手当の金額が急に上がった!下がった!なんてことがよくありますので、どんな理由で金額に変動が起きているのか確認しましょう。

児童手当の金額は原則、下記の通りになっています。

3歳未満               ・・・月額1万5千円

3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)・・・月額1万円

3歳以上小学校修了前(第3子)    ・・・月額1万5千円

中学生                ・・・月額1万円
ご自分の子どもがどこに該当するか確認し、今支給されている児童手当の月額がいくらになるか計算してみましょう。

3歳以上小学校修了前の子どもは少し複雑ですので注意してください。

また、1つだけ気をつけてほしいことがあります。

ここでいう児童は児童手当上の児童であって、実際の子どもの数とは違う場合があります。

児童手当上の児童とは18歳に達してから最初の3月31日を経過していない児童を言います。簡単にいえば、高校生までですね。

もしも子どもが3人いたとします。

全員3歳以上小学校修了前であれば、第1子と第2子で二万円、第3子は1万5千円で月額3万5千円になります。

つぎに第1子が大学生、第2子、第3子が小学生だとします。実際の子の数でカウントすると、第3子は月額1万5千円になりますが、大学生は児童手当上の児童の数に含まれないので、実際の第2子が第1子になり、実際の第3子が第2子になります。

よって手当額は一人当たり月額1万円になります。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする