30年から!配偶者特別控除の見直し!変更点・改正点を徹底解説!

平成29年度に大幅な税制改正が行われ、

配偶者控除や配偶者特別控除の控除額が変更されました。

これにより、平成30年度の以降の年末調整や確定申告時に今までとは違う申告が必要になりますので、

制度をよく理解し、税金面で損をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

配偶者控除・配偶者特別控除の変更点

配偶者控除は控除額が変更され、

給与所得者の所得金額が1000万円を超える場方は配偶者控除の対象にならないことになりました。

配偶者特別控除は控除額が変更され、

配偶者特別控除に該当する配偶者の要件は所得金額が38万円~123万円以下になりました。

それに伴い年末調整で使用する様式の変更もありました。

今までは年末調整の時に

「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」

を提出していたと思いますが、

平成30年度の年末調整の時に配偶者控除や配偶者特別控除を受ける場合には、

「給与所得者の配偶者控除等申告書」

というものが必要になります。

今までは配偶者控除を受ける場合は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記入し、

配偶者特別控除を受ける場合には

給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」

の配偶者特別控除申告欄に記入していましたが、

30年度からは扶養控除の場合は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」、

配偶者控除・配偶者特別控除の場合は

給与所得者の配偶者控除等申告書」に記入することになります。

今までは配偶者、その他親族を扶養する場合どちらも同じ用紙に記入していましたが

これからはすべて分けて記入することになりました。

30年度の年末調整前にしっかり確認しておくと手続きが スムーズに進みます。

配偶者控除・配偶者特別控除の控除額・要件

税制が改正され、控除額が変更されましたが、ご自分はどこに該当するのかよくわからない方も多いと思いますので、具体的に見ていきましょう。

下記の表が改正後の控除額・支給要件の所得額です。

今までは配偶者の所得が38万円以下であれば配偶者控除を受けられ、

控除額が38万円でした。それは変更ありません。

しかし配偶者特別控除の方で大きな動きがありました。

配偶者特別控除は配偶者控除の上限である所得38万円を超える場合に適用され、

所得が38万円を超えれば超えるほど控除額が減額されていく制度でした。

ですが今回の改正で、配偶者特別控除でも所得が38万円から85万円の範囲内であれば、配偶者控除と控除額が変わらない、38万円控除になったのです。

ということは所得が0円から85万円以下であれば控除額は変わらないということです。

38万円を超えると配偶者控除から配偶者特別控除に変わりますが

名前が違うだけて自分への影響は変わりません。

今回の改正でのポイントはここが一番大きいと思います。

所得38万円というのは収入でいうと103万円です。

今までは103万の壁などと言われていましたが、

所得85万円までは同じように控除されるようになったので、

103万の壁は150万(所得85万)の壁になったのです。

これで女性の方も以前より収入を増やしても変わ らぬ税金控除が受けられます。

これを30年度の年末調整の時に知っても、今まで通り103万の壁で働いている可能性が高いです。

それではせっかくの制度が台無しですので、配偶者控除・配偶者特別控除を有効活用して働き方を考えてみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする