Youtuberが事務所に入るメリットってなんだろう?

大手Youtuberのみなさんって必ずといっていいほどどこかしらの事務所に所属していますよね?

事務所に入ってしまうと当然ですが自分で得た利益は会社との契約によりますが何%か事務所に持って行かれてしまうわけです。

なのになぜ事務所になんて所属するんでしょうか?

~~所属っていう響きがいいから?

いえ、そんなことは当然ありません。メリットが存在するから事務所に所属するんです。

今回は事務所に所属するメリットについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事務所に所属するメリットとは

ざっくりメリットだけ箇条書きで紹介すると

・イベントを企画してくれる(開催してくれる)

・企業案件を紹介してくれる

・動画用の素材を作成・提供してくれる

・事務所内のYoutuberとコラボすることが可能

・事務的なやり取り(ビジネスメールの返信など)を行ってくれる

・自分のグッズを作成してくれる

・他の企業になにか依頼をする時に個人ではなく事務所としてお願いするので相手をしてもらいやすい

・勉強会がありいろんな知識が高まる

・ファンレターが自宅とかではなく事務所に届く

・社会的信用が得られる

などたくさんのメリットがあげられました!!!

一部を解説しますね。

イベントを企画・開催してくれるというのは言葉の通りその事務所のYoutuberたくさんで催すイベントのことです。

大手Youtuberがたくさん参加するし視聴者の集客もすごいので自分の知名度の向上、また収入も見込めます。

企業案件についてですが、普通に個人で企業とやりとりをするのではなく、事務所に入ってきた案件を今回はYoutuberの○○さんに振ろうとかで企業案件がもらえたりします。

また個人ではなく会社(事務所)として企業に話を通せるので個人では相手にしてくれないことも相手にしてくれるようになります。

事務所に入れば当然その事務所に所属しているほかのYoutuberもいますので意見交換やちょっとしたお話など普通にできます。

またこんな企画やりたいんだけどコラボしない?などコラボすることによりお互いのチャンネル登録者、再生数を伸ばすことが簡単にできます。

身の回りの雑務は事務所が基本的に行ってくれるので動画の作成に集中することができます。

これが魅力的で事務所に入りたいって思ったYoutuberもいるそうです。

そして社会的信用が得られるということ。

企業側としても個人より事務所に所属しているYoutuberのほうが信用しやすいし、依頼もしやすいって考えるんです。

今の時代はほとんどが事務所に入っているんで基本的に案件は事務所に連絡が行くことがほとんどで個人にはなかなか行きにくいのが現状です。

ただしこれはデメリットでもありますね。

その事務所に所属するYoutuberの誰かが大きな問題を起こしてしまった。こんな時どうなるかというとその事務所自体が責められます。

すると○○さんもあの事務所に所属してるからあれなんだよーとか悪い噂がたったり影響を受けることは避けられません。

なのであまりないとは思いますがリスクもあるのです。

事務所の問題では最近VALUなどの騒動でVAZがいろいろ影響を受けてましたね。

つまり今回のヒカルさんのようなことをするとみんなが影響を受けるのです。

まとめ

結局メリットがたくさんだけど事務所には所属したほうがいいのか?と言われれば所属したほうがいいでしょう。

ただしこれはある程度伸びてきたYoutuberさんは所属したほうがいいよってことで始めたばっかりの人も事務所に入れる制度はありますが、いろいろ初心者には厳しいルールも多いので、ある程度育ってきてから事務所に入るか入らないかを決めても遅くはないと思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする