Youtuberにおすすめの一眼レフは?選び方を解説!

camera

スポンサーリンク

 一眼カメラの種類

一眼カメラはミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラに分けられます。
それぞれのカメラの違いは主にサイズと価格です。
一眼レフカメラはミラーレス一眼よりサイズがかなり大きく、重量も重たいです。
価格は、同じスペックで見てみると、ミラーレス一眼よりも一眼レフカメラの方が割高な事が多いです。
動画や写真の画質やぼけ感等はレンズやセンサーサイズによって変わるので一眼レフカメラかミラーレス一眼かだけでは判断できません。
本体だけで見れば、軽量で持ち運びがしやすく、価格も安いミラーレス一眼の方が良いといえます。

センサーサイズとは

一眼カメラにはセンサーがついていてセンサーサイズは3種類にわけられます。
サイズの大きなものから順に、フルサイズ、APS-Cマイクロフォーサーズとなっていて、
マイクロフォーザーズは主にミラーレス一眼のセンサーサイズ、Aps-Cは一眼レフカメラの初心者向け機種、フルサイズは一眼レフ カメラの上級者向け機種というようになっています。
センサーサイズが大きい機種ほど画質がよく、立体感のある撮影ができます。また暗所でもノイズを抑えた撮影ができます。
しかし、センサーサイズが大きい機種ほど価格が高額になり、撮影技術も必要になるのであまりおすすめはできません。そもそも一眼カメラの時点でかなりの画質は期待できますので、本体だけにお金をかけるよりも周辺機材を充実させていくことも大切です。

撮影画質

最近は一眼カメラでも4K動画が撮影できるようになってきました
しかし、まだ周辺機器で4Kに対応していないものも多くあり、注意が必要です。動画の編集ソフト、パソコン本体、モニター、タブレット、テレビ等、買ったはいいけど、使えなかった・・・
なんてことのないようにしましょう。
しかしやはり4Kの画質は誰が見てもきれいで、有名なyoutuberでいえばせとこうじさんが4K動画を投稿していますが、周りの人との差は一目瞭然です。
画質にこだわりたい方は4K撮影にに対応している一眼カメラかチェックが必要ですね。

バリアングル液晶

バリアングル液晶はyoutuberのカメラには必須です。
バリアングル液晶とは液晶の角度を変えられるもので、毎回自撮りするyoutuberにはなくてはならないものです。
三脚を立ててカメラをセットした後に、いちいちカメラの裏側にまわって映っているところを確認する作業がなくなりますからね。
またyoutuberは様々な角度から動画を撮ることがありますので、ローアングルやハイアングルで動画を撮るときに液晶を回して撮影するととても楽です。
撮影が終わって、動画を確認してみたら途中からピントが違うところに合っていた・・・
なんてことにならないようにバリアングル液晶で常に確認しながら動画撮影をしましょう

オートフォーカスについて

まず大前提として動画撮影中にもオートフォーカスが効く機種でないといけません。
動画撮影中にオートフォーカスが効かないと、カメラになにかを近づけてそちらにピントを合わせるときいちいち手動でピント合わせしなければなりません。
最近は動画撮影中もオートフォーカスが効く機種が増えてきていますが、オートフォーカスのスピードはまちまちです。
動画撮影をしているとすぐにべつのものにピントを合わせたい!ということがよくあると思います。ですのでオートフォーカスのスピードは妥協せず早いものを選ぶことをおすすめします。
また、タッチオートフォーカスという機能を搭載している機種もありますタッチオートフォーカスとはバリアングル液晶で撮影内容を確認しながらピントを合わせたい箇所をタッチするとすぐにピント合わせしてくれるという機能です。これが想像以上に便利なので個人的にはおすすめします。

スタビライザー機能

スタビライザー機能とは手ぶれ補正のことです。これは動画の撮影のスタンスによって必要か必要でないか決まってきますね。
ずっと三脚を設置してして撮影している方は気にすることはありません。
カメラを手に持って撮影されるような方はスタビライザー機能が付いていないカメラは選択肢から外してください。スタビライザー機能はオリンパスが好評なのでぜひチェックしてみてください。

撮影時間とバッテリー

一眼レフカメラは基本的に2959秒までしか連続撮影できません。それ以上連続撮影できるようにするとビデオカメラの扱いになってしまうからだそうです・・・
最近では例外的に2959秒以上撮影できるミラーレス一眼カメラも発売されていますのでできればそちらの方が扱いやすいと思います。
また、これだけの長時間撮影をしているとバッテリーの消耗が激しいです2959秒の撮影2回程度ですぐにバッテリーがなくなってしまいます。バリアングル液晶がフルで稼働されていますのでどうしてもバーってリーが消耗してしまいます。対策としては、三脚で撮影する場合は電源を常に供給できるコードを購入すれば良いです。持ち歩いて撮影する場合は予備のバッテリーが必須となります。

レンズについて

Youtuber向けのレンズを選ぶときにポイントになってくるのは、レンズ駆動音と画角です。
オートフォーカス機能オンで動画撮影をしているとピント合わせをするときに「ウィーン、ウィーン」と音がなってそれが動画に入り込んでしまいます。その音を消すためには静音レンズを選ぶ必要があります。静音レンズとはその名の通りオートフォーカス駆動音が小さなレンズです。各メーカで静音レンズを取り扱っていますので確認してみてください。
しかし、静音レンズをつかってもオートフォーカス駆動音が聞こえてしまう場合もあります。静かな動画だと音が目立ってしまって視聴者からの印象はよくありません。対策としては外部マイクをつけることです。外部マイクについては後で説明します。
次に画角についてですが、画角とは簡単に言うと映し出せる範囲のことです。レンズをよく見てみると、18mm80mm200mmなどと書いてあります。これが画角を表す数値で、数値が小さいほど画角が広いです。たとえば同じ位置で18mmレンズと150mmのレンズを使って人間を撮影した場合、18mmだと人間の全体が映りますが、150mmだと顔しか映らなかったりします。
Youtubeの動画撮影は基本的に三脚を使って目の前にカメラを設置すると思うので画角があまりにも広いレンズはおすすめできません。広角レンズという画角の広いレンズ使えば、カメラが近くにあっても広く撮影することができます。

外部マイクについて

一眼レフカメラの内蔵マイクの性能は良くありません。基本的に音質が悪いですし、いらない音も拾ってしまったりします。そもそも一眼レフカメラは写真や映像に力を入れていますので、音は専門外です。
そこに外部マイクをつけることで、音質の向上や、先ほどお話しした、オートフォーカス駆動音問題の解決に繋がります。
外部マイクを取り付ける端子がカメラについていないとダメですが最近のカメラにはほとんど付いているので大丈夫だと思います。

まとめ

個人的に意見を書いていきます。
・一眼レフよりミラーレスがおすすめ
・センサーサイズはマイクロフォーサーズで充分
・高画質も求めるなら4K対応機種
・バリアングル液晶は必須
・オートフォーカスが早い機種(タッチオートフォーカスもあるとよい)
・三脚撮影でない場合はスタビラ-ザー機能が必要
2959秒以上連続撮影できるカメラが便利
・予備のバッテリー、外部電源があるとよい
・レンズは静音で広角なレンズを選ぶ
・マイクは外部マイクを取り付けた方がメリットが多い
今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする