youtubeの収益化条件が変更!チャンネル登録者1000人・・・

youtube

スポンサーリンク

YouTubeの収益化新審査基準

YouTubeで動画を収益化するためには

動画の総再生回数が10,000回再生以上と言うのが条件でしたが

1月16日にYouTubeのブログで新基準が発表されました。

新基準は2017年の2月20日から適用されるそうです。

YouTubeで動画を収益化するためには

YouTubeパートナープログラムへの参加が必要となりますが

このYouTubeパートナープログラムへの参加基準がとても厳しくなりました。

条件は2つあり、

1つ目がチャンネルの投稿動画の再生時間が過去1年間で4,000時間以上、

2つ目がチャンネル登録者数が1,000人以上です。

これら2つの条件を満たしていないと動画を収益化することができません。

今まではチャンネルの動画再生回数が1万回再生でしたので

急に基準が厳しくなったように感じます。

2016年から2017年にかけてYouTuberという言葉が普及し

YouTubeを目指す人が増えたため、

底辺YouTubeや著作権違反動画を減らすために定められた基準だと思います。

現在YouTubeで動画の収益化をしているけど

新基準を満たしていないと言う方にはYouTubeからこのようなメールが届いているようです。

youtube

ということで、今後30日以内に2つの条件を満たさなければ

30日後にパートナープログラムへの参加が認められなくなります。

そうなるとすべての動画の収益化が不可能となってしまい、

今まで毎日収益が入っていた方も

30日後には広告配信がストップし収益がゼロになってしまいます。

youtubeはオワコン

これまでは少額でもyoutubeから継続的に収益を得ていた人はたくさんいたと思いますが、

今回の基準変更を受けて、そういった方は一掃されると思います。

テレビ転載など違反動画をあげて収益を得ていた方も、

チャンネル登録者1000人以上にはならないので、もう無理です。

かといってコツコツ動画をあげて2つの条件を満たすのも現実厳しいです。

収益化の基準が変更されるほど、youtuberが増えていますので、

そんな状況でそこまでたどり着くのは相当なセンスが必要です。

1本や2本ヒット動画を出すことはできるかもしれませんが、

チャンネル登録者1000人を超えるには

固定客やファンが必要ですからね。

今から始めてそこまで行くのは難しいです。

それだったら、ブログや投資などで

稼ぐ方が労働量に見合った報酬が得られると思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする