【youtube】1年でチャンネル登録者10000人にするために実践したこと!

youtubeではパートナープログラムの規約変更により、

動画を収益化できない人が続出しています。

一番の壁はチャンネル登録者1000人いないとダメ。

という条件だと思います。

視聴者のニーズにあっためちゃくちゃクオリティーの高い動画を投稿して、

その動画が何百万再生されようが、

チャンネル登録者数が1000人を超えなければ1円ももらえません。

これからのyoutubeは本当にチャンネル登録者数が全てになってしまいました。

ではどうやってチャンネル登録者数を増やしていけば良いのか?

私はyoutubeを始めてから約1年でチャンネル登録者数が10000人を突破しました。

youtubeは新規参入者が増えていて、昔よりも競争率が高くなっています。

ですので私が実践していたことが今通用するかどうかはわかりませんが、

1つでも参考になるものがあれば幸いです。

スポンサーリンク

レイアウトを整える

ほとんどの視聴者はトップyoutuberの動画ばかりを見ているので目が肥えています。

ですので、サムネイル、動画の体裁、チャンネルのプロフィール画像、チャンネルアート等

しっかり設定しておかないと、興味すら持ってもらえません。

一度良いものを見てしまうと、それ以外はしょぼいと感じてしまいますからね。

自分の動画が運良く視聴してもらえた時にチャンネルのレイアウトがしっかりしていれば、

チャンネル登録につながる可能性がグーンと上がります。

少しの妥協ではなく少しのこだわりで

視聴者にチャンネルの好感を持ってもらえると思います。

かといってこだわり過ぎて、大変になり、途中で嫌になっては意味がないので、

バランスよくやることが大切です。

動画は自己満じゃダメ

皆さんは動画のネタをどうやって決めていますか?

自分の好きなことをやりたい。

思いついたことをやる。

このような方はチャンネル登録者は増えていきません。

動画は視聴者目線で考えてければいけません。

自分の好きなことをすれば動画制作が楽しくなることは間違いありませんが、

それが視聴者にとって全く需要のないような動画であれば、意味がありません。

このブログのこの記事も、youtubeで動画投稿をしていて

チャンネル登録者を増やしたいと思っている方のニーズに応えるために書いています。

そんな風に誰のどんなニーズを満たすようにするのかを決めて動画制作をすると、

そのターゲットからは好感を持っていただけると思います。

youtubeでチャンネル登録を増やすには

とにかくクオリティーと毎日投稿だ!

なんていってる人もいますが、

本当にニーズのあることを投稿すれば動画一本でも

人は寄ってくると思います。

そんな動画を考えてじっくり投稿していった方が

確実に成果は上がります。

自分がyoutuberで

毎日自分の平凡な日常を書いているブログと

youtubeで稼ぐヒントを詳しく書いてくれるブログを見つけたら

確実に後者を読みますよね。

考え方はこんな感じです。

狙った視聴者を逃さないように動画のネタを考えていきましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする