【2018最新版】YouTubeの広告単価はいくら?1再生何円?

youtube

youtuberが一般的になり、

youtubeを本格的に仕事にしたい!と考えるひとが増えてきています。

その時にネックになるのはやはり収入です。

誰になんと言われようが結局のところ収入が安定していれば

生活していけますし、youtubeを仕事にすることができます。

今回はこれからyoutubeを始めようと思っている方、

始めようか迷っている方のために、

youtubeの収入はどんな仕組みになっているのか、

実際にどのくらいの収入が得られるのかなど説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

youtube収入の仕組み

まずはyoutubeの収入の仕組みについてです。

youtubeでの収入は主に二種類に分けられます。

1つめはグーグルアドセンスからの広告収入

2つめは企業案件での収入です。

グーグルアドセンスからの広告収入というのは、

動画をみている時に出てくる広告のことです。

動画が始まる前や途中にcmのような広告が流れますよね。

あれがグーグルアドセンスの広告です。

動画の再生ページに行くと、

関連動画の上あたりにも広告が貼ってあったりします。

それらの広告が表示されたり、クリックされたりすることで、

グーグルから広告収入を得ることができます。

2つめの企業案件収入ですが、

これはyoutuberが企業と提携して企業の商品等を紹介するものです。

有名なyoutuberであれば視聴者も多く影響力がありますから、

それだけ企業にとってはprができるということなのです。

例えば、チャンネル登録者数が100万人のyoutuberが

企業の新商品を紹介したら、100万人弱の人がその商品を知ることになり、

売り上げの上昇に繋がるのです。

その見返りとして、youtuberには企業から報酬が支払われます。

企業案件とは?収入・単価は?広告収入の時代終了。【youtube】
Youtubeの収益 結論から言うと、youtubeで大金を稼いでいる人の収入のほとんどは企業案件収入です。 ニュースやインターネットで...

youtubeでお金を稼ぐ方法はこれらがベースになりますが、

駆け出しのyoutuberには企業からの案件はありませんので

広告収入だけと考えた方が良いでしょう。

また去年までは誰でも動画に広告をつけて、

動画を収益化することができていましたが、

youtubeパートナープログラムの改定により、

一定の条件を満たしていないチャンネルは

動画を収益化することができなくなりました

詳しくはこちらをご覧ください。

youtubeの収益化条件が変更!チャンネル登録者1000人・・・
YouTubeの収益化新審査基準 YouTubeで動画を収益化するためには 動画の総再生回数が10,000回再生以上と言うのが条件で...
youtuberはやめろ!もう稼げない!稼げる時代終了!youtubeの今後は?
YouTubeはここ数年で人気急上昇となり 今では若年層のほとんどが利用しているサービスだと思います。 その影響で視聴者ではなく...

広告単価は何円で 1再生いくらか

youtubeを始めたばかりだとベースとなってくるのは

グーグルアドセンスの広告収入ですが、

この広告収入がどの程度なのか気になりますよね。

よく噂になっているのが、

1再生で0.1円

これは全くの間違いです。

この情報は忘れてください。

大昔はそのくらいが平均だったのかもしれませんが、

今ではアドセンス広告の種類や

youtubeのシステムも変わり、

状況が大幅に変化しました。

では今はどうなのかというと、

結論から言うと、

単価は人それぞれ、

少なくとも1再生0.1円よりは高い

です。

その理由はいくつかあります。

youtubeの動画で長時間の動画の場合は

広告を複数入れることができます。

長い動画でも広告を1つしかいれない人もいれば、

5つ入れる人もいます。

もしも同じ広告が表示されていたら、

広告収入には5倍の差が出ます。

表示される広告のジャンルによっても単価は変化します。

ゲームの広告、食べ物の広告、金融系の広告等様々ですが、

広告の種類によっても単価の高い広告、単価の低い広告があります。

表示される広告のジャンルは動画のジャンルに似通ったものが多いので、

人ぞれぞれ違ってくるのです。

こんな風にyoutubeの広告収入は様々な要因で変化するので

一概にいくらくらい!と言うのは誰も言えません

しかし最低でも1再生0.1円程度は広告収入を稼ぐことができるので、

始める前はそれを目安にしても良いかもしれません。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする