収益化不可?youtubeで一部の広告主に適していない黄色マークが出たときの回避法!

youtube

スポンサーリンク

一部の広告主に適していない黄色マークとは?

youtubeのチャンネルで収益化に成功している人は、
動画を収益化するとこんなマークが出ているはずです。
しかし、ふとした時に投稿した動画を見てみると、
先程のマークが黄色いマークに変わり、
「一部の広告主に適していない」と表示されることがあります。
緑マークのときは正常に収益化できていますが、
黄色マークになっているときは収益化が停止されており、
その動画での広告配信が行われなくなっています。

黄色マークになる理由

youtubeには様々な動画が投稿されていますが、
その中には、著作権侵害して いる動画や、
不適切な内容な動画が山ほどあります。
youtubeはそれらの動画を見つけ次第、削除したり、
アカウント自体を停止にしたりしていますが、
正直言って対応が間に合っていないのが現状です。
急上昇ランキングを見てみても、テレビの転載動画などが
溢れていますよね。
そのような違法な動画に対処するために、導入されたのが、
黄色い$マークです。
審査に合格し収益化できるようになっているチャンネルでも、
youtubeが不適切だと判断した動画は自動的に収益化不可能となり、
緑マークから黄色マークに変更されてしまうのです。
この作業は人間ではなく、システムで行われているので、
間違いも多いです。
ですから、完全にオリジナルな動画なのに、
急に黄色 マークになることが最近は多いようです。

黄色マークから収益化する方法

システムが不適切な動画か判断する基準は、
動画の内容ではなく、タイトル、タグ、説明欄、BGMなどです。
ですから、そこらへんを注意して、ルールを守っていれば、
本来黄色マークになることはありません。
しかし、それでも突然黄色マークになることがあります。
そういった場合完全にシステムの間違いなので、放置しておいて大丈夫です。
動画投稿時から、黄色マークであったり、緑マークだったのが黄色マークになった場合でも、
正しい動画であれば、数日すると緑マークになります。
システムも日々成長しているので少しずつ精度は上がってくると思います。
いつまでたっても緑マークにならな い場合は、再審査をお願いしましょう。
しかし、再審査してもらえる動画は7日間で1000回再生以上の動画のみですので注意しましょう。
違法な動画をアップロードして、黄色マークが出て再審査を依頼した場合、
人間がその動画を確認しますので確実にアカウント停止等の処分になると思います。

黄色マークを回避する方法

最初から黄色マークになる時はほとんどキーワードが原因です。
キーワードとして気をつけたいのは、
・エロ、アダルト系
・暴力関係
・人権系
・詐欺系
等々です。
これら以外にも、社会一般的に見て、よろしくないと思われるキーワードは控えましょう。
youtubeは業者が広告を表示しても良いな。と思う動画だけに広告を表示させたいのです。
その意図を考えてキーワードを選びましょう。
また、タグのつけすぎや、説明欄が長すぎるのも、スパムの対象になる可能性があるので、
それが理由で黄色マークになる可能性もあります。
そこら辺を注意して動画投稿をがんばってください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする