youtuberの節税!経費の対象は?確定申告に備えろ!【税金対策】

youtube

youtubeで稼いでいるけど、税金はどうしたらいいの?という方が多いと思います。

そんな方のために今回はyoutuberの税金事情を全てお話しします。

スポンサーリンク

確定申告の必要性

確定申告とは簡単に言うと、1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算し、その1年間で収めるべき税金を計算することです。

では、youtubeで収益が上がっていたら必ず確定申告をしなければならないのでしょうか?

そうではありません。

下記に該当する方が確定申告をしなければなりません。

①給与収入がある方→youtubeでの所得が20万円を超えていたら確定申告

②給与収入がない方→youtubeでの所得が38万円を超えていたら確定申告

該当するのに確定申告をしていなかった!という方は脱税していることになりますので、

必ず確定申告をしましょう。

税務署へ行けば過去5年間までは遡って申告できます。

youtubeの収入と所得

上の説明を読んでどんな人が確定申告をしなければならないか

理解していただけたと思いますが、

皆さんはご自分の「所得」がいくらになるかわかりますか?

ここでいう「所得」とは、収入から経費を差し引いた金額です。

通帳に入金された金額が1000万円でも、経費が500万円かかっていれば

1000万円(収入)ー500万円(経費)=500(所得)となります。

確定申告をする前に、「収入」「経費」「所得」についてしっかり理解しておきましょう。

節税対策!経費にできるもの!

所得税は所得が多ければ多いほど高額になります。

収入が多いのに、所得を少なくするためにはどうすれば良いか?

そう!経費を増やせばいいのです!

youtuberとして経費に認められる可能性があるものをあげておきます。

・パソコン

・カメラ

・インターネット契約料金

・交通費

・消耗品費

などです。

経費にできるものは基本的になくては事業がなりたたないものです。

経費になると思っていて、ならない場合も多いと聞きますので、

判断が難しい場合は直接税務署に聞いてみるのが一番です。

また、経費として申告するためには領収書が必要になりますので、

youtubeに関係する領収書は全てとっておきましょう。

youtuberヒカルの税金対策

トップyoutuberヒカルの税金対策は有名です。

宝くじを100万円分買ったり、

競馬に1000万円賭けたりしていますが、

それらを経費として申告しているようです。

え!?じゃあ動画にかかったお金なら全部経費にできるの?

と言われると私も詳しくはお答えできません。

youtuberにとっては動画を作成することが仕事なので

それにかかった経費という理屈で経費として申告しているのだと思います。

しかし、実際確定申告時に経費として認められているかは本人しかわかりません。

確定申告しなくてもバレない!?

確定申告で自分から申告するものだし、

申告しなかったらそのままバレないんじゃないの?

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、結論バレます。

youtubeの収益はグーグルアドセンスからの収益で、通帳に振り込まれると思いますが、

税務署はネット上での収益の発生も細かに調べていて、

全て把握しています。

申告義務があるのに、申告しなかった場合は

本来支払うべき金額よりも多くの税金を支払わなくてはならなくなります。

皆さんも今年の確定申告に備えて準備しておきましょう!

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする