仕事辞めてyoutuberは危険?退職はリスクが・・・

macbook

YouTuberという職業、これはたしかに最近世間で騒がれているように一度人気さえ出てしまえばよっぽどのことでもない限り月々考えられないような収益が入ってきて年収が億を超える場合もあるという夢のある職業です。

それでは今している安月給の仕事なんてやめていっそYouTuberとして活動を始めてみようかな?YouTuberを職にして今後は食べていこうと思う方もいると思います。

けどそんな簡単に仕事をやめてYouTubeを始めたとして食っていけるだけのお金は稼いでいけるのでしょうか?今回はそんなことをまとめてみます。

スポンサーリンク

安定するまでの長い長い過程

YouTuberとして活動してすっっごく面白い動画作って1本投稿したらそれが急激に再生数伸びて人気になれるとか考えてませんよね?

基本的にはまずそんなことはありえません。いわゆる有名YouTuberと呼ばれる人たちもそれなりに苦労の連続で今のポジションでいるわけです。

はじめのうちなんて動画の内容がどんなであれ世間に認知されない。その動画の存在自体しられることなく投稿し続けていくようなものです。

チャンネル登録やコメントなんてまずはじめはもらえません。収益も入らないままひたすらに動画という種をまき続ける。これのくり返しです。

収益も伸びも感じられないのに動画撮影や編集、企画に長い時間使って本当にやめようかなって感じになるのがはじめたばかりのYouTuberあるあるなんです。

つまり退職してすぐYouTuberとしてチャンネル作ったとしても収益なんてほぼずーーーっと入らない期間が続くんです。この期間を避けることはほぼほぼ無理でしょう。

仕事を退職してYouTuberとして活動するんであればよっぽどの貯金があるか、またはすでに仕事と兼業してYouTuberとしても活動しててYouTubeのほうに最近伸びが感じられるから退職してYouTubeに専念する。

と、こういう感じでなければ実際問題かなり厳しいのだと思います。

YouTubeで伸びる人はひたすら毎日動画を投稿していくという作業を続けていける人。相当の覚悟がある人。そんな人でなければまず仕事を辞めるのはやめたほうがいいと思います。

まとめ

私の経験と現在のYouTubeの実態を見る限り兼業でちょっと無理をしながらまったり投稿していって本当に人気になってから専業としてはじめて行ったほうが無難というか安定するかなーと思います。退職するのはもっと収益が安定してからです。

本当に成功するという自信、覚悟があるのであれば専業でやっていくに越したことはないですけどね。専業でやるのはちょっとリスクが大きいかなと現状を見て思います。

今のYoutube界は芸能界と同じような状況になってきており、よほどの才能や運がないとのしあがる事はできません。

なのでこれから専業でも兼業でもYouTubeを初めて行くというのであればしっかり現実を受け止めながら活動していってほしいなと思います。

関連記事

YouTubeは儲かるのか?!広告収入で高収入?

YouTubeは副業でも稼げるの?兼業でやっていく難しさ

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする