効果絶大!youtubeの動画を関連動画に表示させる方法!表示されない原因は?

youtube

Youtuberが収益を上げるために必要なことは再生回数を増やすことだけです!

いやいや、まずはチャンネル登録者数を増やさなければいけない!

という意見もありますが、再生回数が増える=見る人が増える

ですので、再生回数が増えれば自然とチャンネル登録者数も増えます。

再生回数が少ないのにチャンネル登録してくれる人だけ増えていくなんてことはあり得ません。

再生回数が増えれば、総再生時間、チャンネル登録者数、収益すべて右肩上がりになっていくのです。

しかし、現状はそんなことはわかっているけど、再生回数が増えない!という方がほとんどだと思います。

毎日投稿している。

一眼レフカメラを使っている。

照明をつかっている。

こだわった動画編集をしている。

お金もかけている。

なのに、再生回数が一桁、二桁、良くて三桁にしかならない。

・・・みなさんこんな状況じゃないでしょうか?

ここで挫折し、収益が発生するまえにyoutubeをやめてしまうひとがほとんどです。

収益が少しでも発生すれば、モチベーションもあがり継続できますからね。

では、やっと本題ですが、再生回数を上げるためにはどうすればよいのでしょうか?

その答えはずばり、自分の動画を関連動画に表示させることです。

関連動画とは、youtubeの動画を再生している時に右側にずらーっと並んでいる動画のことです。

みなさんがyoutubeを利用するときのことを思い出してください。

たとえば、「はじめしゃちょー」の動画をみたくて、

youtubeで「はじめしゃちょー」と検索したとします。

するとたくさんの動画が検索にヒットして表示されますが、

その中からおもしろそうな動画を選び再生します。

その動画を見終わって、次の動画を見るときにみなさんはどうやって動画を選びますか?

またyoutubeのトップ画面に戻って「はじめしゃちょー」と検索しますか?

それはないですよね。みなさんが、関連動画に表示されている動画のどれかを再生すると思います。

このようにyoutubeを利用する方のほとんどが「関連動画」から動画を再生しているのです。

一般的な統計を見てみると、動画再生回数のうち、

関連動画からの再生が6割~8割

その他(検索など)が4割~2割

というふうになっています。

これをみて「関連動画」が再生回数にどれだけの影響をあたえるか理解していただけたかと思います。

再生回数が伸び悩むあなたの動画も、関連動画にたくさん表示されることで、

再生回数が確実にアップします。

では、具体的にどのようにして関連動画に自分の動画を表示させるのか説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイトルにキーワードを入れ、シンプルに

youtubeの中で検索や関連動画に一番影響を与えるのがタイトルです。

ですから適切なタイトルづけができていないと他にどんな対策をしていても

うまくいかないことがほとんどです。

タイトルをつけるコツは、重要なキーワードだけをいれて、シンプルに。です。

タイトルに様々なキーワードをいれる人がいますが、そうするとyoutubeも

どの動画と関連があるのか迷ってしまい、自分が狙った動画の関連動画に表示させるのが

難しくなります。

しかし、一点だけに絞ってしまっては様々な動画の「関連動画」には表示されませせん。

そこでたくさんの動画を投稿するのです。ひとつひとつの動画の狙いは絞るのですが、動画を数多くこなすことで、たくさんの流入が見込まれるのです。

つぎに、タイトルのシンプルさについてです。

みなさんはどちらの動画をみたいと思いますか?

・youtubeの再生回数を劇的に伸ばす3つ方法

・【朗報】youtubeの再生回数が大変なことになりました・・・

ユーザーのニーズに応えているのは上ですが、なんとなく気を引かれるのは下ですよね。

この2つのタイトルで「関連動画」に表示されやすいのは上です。

しっかりとキーワード選びをして、くせのないタイトルづけをしています。

下の方が見てもらえそうだけどなぁと思われるかもしれませんが、

いかにもみたくなっちゃうようなタイトルはどうしてもキーワード以外の

言葉がたくさん入ってくるので、「関連動画」との相性は良くないのです。

このようなタイトルはチャンネル登録者数が増え、ある程度視聴者が増えてから有効になってくるのです。

再生回数が伸びないうちはあくまでもシンプルとキーワード重視です。

タグをたくさんつける

タグで動画がどんなものと関連があるのかを示すことができます。

タイトルだけでは伝えきれなかったことをどんどんタグにしちゃいましょう。

様々なサイトを見ていると、「タグをたくさんつけるとスパム扱いになるので、

10個程度にしましょう」と書いてありますが、そんなことはありません。

私は動画投稿し始めた時から毎回20個程度タグづけしていますが、何の問題もありません。有名youtuberのヒカキンさんも25個程度タグをつけています。

さて、正しいタグの付け方ですが、まずは必ず入れて欲しいタグがあります。

それは、自分のチャンネル名とチャンネルIDのタグです。

これらを入れておくことで、自分の動画の関連動画が自分の動画で埋め尽くされます。

その結果、自分の動画の視聴者が次にまた自分の動画を見てくれる可能性があがり、動画全体の再生回数がアップします。

次に必ず入れて欲しいタグはライバルチャンネルのタグです。

自分のIDやチャンネル名をタグに入れると自分の関連動画に自分の動画を表示させると説明しましたが、これはタグの一致が理由です。

ですから、ライバルチャンネルと同じタグを入れることで、ライバルの関連動画に自分の動画を表示させることができるのです。

Youtube動画の再生画面で「ctrl+U」を押していただくと、ソースコードがでてきて、その動画についているタグを確認することができます。※グーグルクロームでしかできません。

ここで注意してほしいのが、人気過ぎるチャンネルや、古い動画のタグは入れないということです。

あなたの動画のタグに「ヒカキン」「はじめしゃちょー」をいれて、

ヒカキンやはじめしゃちょーの関連動画に表示されるわけがありませんよね。

まだ完全にできあがっていないチャンネルを狙っていくと良いとおもいます。

また、古い動画は「関連動画」も固定化されてきているものが多いので、

新しい動画についているタグを入れるようにしましょう。

その他は自由にタグを入れてください。当然自分の動画、チャンネルに関係あるタグにしてくださいね。

動画説明欄を使う

動画説明欄は自由に記述できるフリースペースですが、

ここに記述する内容も「関連動画」に関係してきます。

結論から言うと、説明欄に自分の動画を「関連動画」に表示させたい他人の動画の

タイトルとurlを貼り付けるだけです。

たとえば、自分の動画が「youtubeで再生回数を増やす方法」だったら、

Youtubeで「youtube 再生回数 増やす」などと検索して

出てきた動画のタイトルとurlをコピーしましょう。

説明欄に貼る動画は、3~5個程度で十分だと思います。

チャンネル登録者が増えてきたら、他人の動画を貼るのではなく、

自分の動画を貼り付けることで、自分の動画が「関連動画」に表示されやすくなり、

チャンネルのパワーがアップします。

自分の動画を貼るか、他人の動画を貼るかは自分の今の状況に合わせて判断してください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする