youtuberが事務所にはいるメリット・デメリットは?収益の変化について!

youtube

有名youtuberは事務所に入っているイメージがあると思います。

UUUM、VAZ、KILLなど今では様々な事務所が立ち上げられていますが、

Youtubeの事務所はどんな役割をして、youtuberにはどんな影響があるのでしょうか?

事務所に入るか入らないかで仕事の量や収入も大きく変わってきますので、

Youtuberを目指している方や、現在youtuberの方も理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

Youtuberが事務所に所属するメリット

信頼

事務所に所属していると周りからの信頼がまします。

たとえば、自動車整備士の資格を持っている人がいたとします。

その人の個人名で車の点検をするのと、

トヨタの○○という肩書き付きで車を点検するのとでは、

後者の方が信頼感、安心感があると思います。

みなさんも車の点検をするときはいくら値段に差があっても、

個人ではなく、有名な整備会社やディーラーにお願いしますよね。

その感覚と同じです。

企業提供・企業案件が増える

Youtuberには企業から商品PR等の仕事依頼がありますが、

個人でyoutubeをやっている、身分のよく分からない人には声がかかりません。

企業は個人に声を変えるのではなく、youtuber事務所を通して案件を依頼するのです。

Youuberは企業案件をすべて受けれるというわけではなく、依頼内容が自分の動画のテーマに合っている必要があります。

ですから、事務所にたくさんきた依頼のうち、自分に合ったものを事務所が受け入れてくれます。

その案件を上手く成功させれば、再び依頼が来たり、似たような企業の目にとまることもあります。

企業案件の単価は非常に高いので、事務所所属と事務所非所属では案件収入に雲泥の差がつきます。

税金

Youtuberは毎年確定申告をして、所得税を納めなければなりません。

正直確定申告なんてきいたこともしたこともないという方がたくさんいると思います。

しかし、それを自分でやらなければなりません。

収入や経費の計算を日頃から行い、自分で所得税額を求めなければなりません。

これらの仕事は事務所に入っていれば、事務所にお願いすることができます。

お金の管理は少しでも間違えば、税額が変わってくるので、間違いは絶対に許されません。

それを素人がやるのはなかなか大変ですので、事務所に任せられるメリットは大きいです。

Youtuberが事務所にはいるデメリット

所属できない

そもそもyoutuberの事務所はだれでもはいれるわけではありません。

事務所に所属しているyoutuberを見ればわかると思いますが、ほとんど大物youtuberです。

その人たちの多くは事務所側からスカウトされたり、横のつながりで入れてもらえたりした人ばかりです。

一般のyoutuberが事務所に入ろうとしたら、まずチャンネル登録10万人はほしいところですね。

そもそもそれくらいにならないと、企業案件や税金の納税義務も発生しないので事務所に入るメリットがあまりありませんね。

手数料を取られる

Youtubeの収入源はグーグルアドセンスからの広告収入や企業からの収入がありますが、

事務所に所属すると、そのうちの何割かを差し引かれてしまいます。

それが嫌なら事務所に所属することはできません。

しかし事務所に所属することで案件がますし、自分でお金を管理する時間も減るので、

総合的に考えれば、収入は増えると思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする