【2017】YouTube広告非表示?!もう稼げない?再生数が関係する新たな制約とは・・・

tousi

YouTubeでこれから稼ごうとしている人や底辺YouTuberにはちょっとつらいかもしれないニュースがやってきました。

「YouTube視聴回数1万未満のチャンネルは広告非表示」という広告表示の規制です。

米Google傘下のYouTubeは現地時間2017年4月6日、ビデオコンテンツの収益化を支援するプログラム「YouTube Partner Program」の要件変更を発表した。同日より、総視聴回数が1万未満のチャンネルの動画には、広告が表示されなくなる。

YouTubeは変更の理由として、規則に従って活動しているクリエーターの収入を守るためとしている。同社によると、最近では他人の優れたコンテンツを再アップロードして広告料をもうけようとするチャンネルが複数確認されているという。

YouTubeは、新たな基準を設定することで、チャンネルの妥当性を判断するのに十分な情報が得られ、コミュニティガイドラインや広告ポリシーに則しているか判断できるとしている。

引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/040701067/?rt=nocnt

簡単に説明すると累計の再生数(チャンネル全体の動画の総再生数)が1万再生に達していないチャンネルの動画には広告が表示されません!というものです。

広告が表示されなくなるということは収入が得られなくなるということです。

つまり1万再生を越えることのできないYouTuberは収益を得られないというハードルができましたね。

視聴者が得られないようなチャンネル、底辺YouTuber、いたずらにあげられている動画、迷惑な動画などを排除する目的があるということですね。

なのでこれから新しくYouTuberとして活動していこうとしている人にはちょっと嫌なニュースですね。

今までは誰でも簡単にYouTuberとして活動を初めて行けたわけですが、総再生数が1万回を超えないと収益が得られないということで、投稿した動画に広告収入が入ってくるあの喜びが遠くなってしまい、継続しようという気持ちが途絶える人もでてくるのではないでしょうか・・・

なので新規でYouTuberとして稼働していこうという人が減り、ますます現在活躍している大手YouTuberが有利になっていきますね。

ただ総再生数が1万再生を超えるというのはそこまで難しいことではありません。

だって動画を100本投稿していたとして100再生ずつされればもう1万再生です。

なのでYouTubeで本気で稼いでいく気持ちがあればあっという間に達成できるので、新規の人も全然あきらめる必要はないと私は考えます。

今回の規制の真の目的は実は上記のことではありません。

私の推測ですが「YouTubeを悪用して稼いでいた人」こちらを潰しに来ているのではないかと考えます。

YouTubeで、「動画を削除されるのが前提」で動画投稿している人がいます。

よくあるのがテレビからの動画を著作権無視でアップロードして収益化している動画ですね。みなさんテレビのニュースのようなものをYouTubeで見たことがあると思いますが、あれはほとんど著作権を無視した違法アップロードです。

このような動画をあげて著作権を無視するとチャンネルや動画が削除されます。

しかしYouTubeには「著作権は3回違反するとチャンネル削除」と2回までは許されるというルールがあります。

これをうまく使い著作権違反してる動画を2本だけアップして収益化して稼ぎ、ほかの動画を上げたい時はまた新たなチャンネルを作り動画を投稿する。

というYouTubeを悪用して稼いでいた人達が減らすこと。これが真の目的だと思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする