YouTubeは副業でも稼げるの?兼業でやっていく難しさ

youtuber

スポンサーリンク

YouTubeを兼業として

近年、YouTuberと呼ばれるものは世界的に知られるものとなり、これを最終的な職として目指す人も増えてきましたね!

このYouTuberを兼業でやっていくことは可能なのでしょうか?

今回は兼業でやっていくことと専業でやっていくことの違いや実態をまとめていきたいと思います。

まずはじめに、ここ数年でYouTuberとして活動していく人の人数は爆発的に増加しています。ここ1年以内にYouTubeで活動を始めた、という人もたくさんいるのではないでしょうか。

現在人気YouTuberとしてメディアに取り上げられたりチャンネル登録者100万人を超えてるような人たちは何年も前からYouTubeで活動を続けて有名になっていった人たちです。ヒカルさんのように短期間で有名になっていったパターンもありますが、それはなかなかレアなケースなので実際はそんなにうまくいきません。

そしてこの人気YouTuber達は今のようなライバルが多い状況ではなく少ない時にチャンネル登録者数を獲得して人気になっていったのです。

今後人気YouTuberとして活動していくということはこの人たちとも戦っていくということになりますね。

そして一度もう上に上がっていったYouTuberは基本的には落ちることはなくトップというポジションを保ち続けるのです。

なのでこのような専業でやっている人たちを相手にしながら兼業で人気YouTuberを目指すということは相当難しいことです。

そして記事を書いてる私も、社会人をやりながらYouTuberとして活動していますが、そのような状況で人気YouTuberになるのはほぼ無理です。

仕事を終えてそれから撮影をし、さらに空いてる時間をうまく使い動画編集までしっかりと行う。どんなにがんばっても現在は週に4本あげるので手一杯です。

しかしそんなきつい状況の中でも私の場合少しずつチャンネル登録数も増え再生回数も次第に増えていきました。

人気YouTuberと名乗るには程遠い数値や知名度ですがそれでも伸びている傾向にあります。これからの伸び具合はまだわかりませんが可能性は感じています。

私の経験を踏まえると、やはり兼業でやっていくにはかなり無理をしなければ結果はついてこないと思いますし、途中で仕事の関係もあってやめたくなってしまうと思います。

しかしYouTuber専業であればほかの仕事がない分、毎日の動画撮影や編集、企画などにすべての時間を注げるわけです。質の良い動画や本数も兼業と比べると多く投稿できるわけですね。

ですから専業でやったほうが兼業と比べると大きな差がありますね。しかし他の仕事をせずYouTubeだけでやっていくというのはとても勇気やリスクのいることです。当然ですが収入、お金がなければ生活していくことはできません。

なので専業としてこれからYouTubeを始めていくよーという方は相当な覚悟が必要だということを考えてください。

さらにいうなら専業としてやっていても今の現状で稼げているのは本当にひと握りだということです。

多少人気になったとしても月の広告収入は数万円程度で当然そこらの仕事の月給には断然劣ります。なので専業として活動しても本当に成功出来た人間しかYouTubeだけで食べていくことはできなさそうです。

まとめ

長くなりましたが、私の経験と現在のYouTubeの実態を見る限り兼業でちょっと無理をしながらまったり投稿していって本当に人気になってから専業としてはじめて行ったほうが無難というか安定するかなーと思います。

本当に成功するという自信、覚悟があるのであれば専業でやっていくに越したことはないですけどね。ちょっとリスクは大きいかなと現状を見て思います。

今のYoutube界は芸能界と同じような状況になってきており、よほどの才能や運がないとのしあがる事はできません。

なのでこれから専業でも兼業でもYouTubeを初めて行くというのであればしっかり現実を受け止めながら活動していってほしいなと思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする