【youtube】歌ってみたやカバー動画で稼ぐ方法!DTM!

dtm

youtubeで稼いでいる人がかなり増えていますが、

成功している人はほんの一部で、

見えないところで諦めている人がほとんどです。

そんな中で、誰でも気軽にできて、

再生回数も集めやすい動画があります。

それは「音楽系」の動画です。

音楽はいつの時代も万人に愛され、

誰もが接することのあるジャンルです。

洋楽、J-pop、アニメソング、ボーカロイド、クラシック等

人それぞれ、好きなジャンルは異なりますが、

どの曲も全く興味がないという方はほとんどいないのではないでしょうか?

それだけいつも人気が尽きないのが音楽です。

そんな音楽系の動画でおすすめしたいのが、

歌ってみた動画やカバー動画です。

敷居が高いように感じるかもしれませんが、

必要な道具と知識さえあれば音楽センス関係なしに誰でも動画を作成することができます。

スポンサーリンク

歌ってみた・カバー

皆さんもyoutubeやニコニコ動画で歌ってみた動画やカバー動画をみたことがあると思います。

最近の曲は公式PVやMVはアップロードが認められていますが、

一般人が本物の音源をアップすることはできないので、

アップロードされている曲の動画は公式か誰かのカバーだとおもます。

公式がない場合は上手い人の歌ってみた動画を代わりに聞いたりしますよね。

そんな歌ってみた動画やカバー動画を皆さんにおすすめしたいのです。

あれは歌や楽器が上手い人がやるものじゃないの?

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

カバー動画はそれなりに実力のある人がやっているイメージがありますが、

歌ってみたはほとんどの人が素人です。

しかし、実際に聞いてみると、かなり上手で、CDになっていても違和感がないレベルですよね?

あの独特の声や迫力のあるサウンドに魅了される方も多いかと思います。

それらは全て編集で作り上げられているのです。

音楽の実力ではなく、音楽の編集技術がすごいのです。

ですから、皆さんも知識と道具さえあればできるようになりますよ。

なぜ上手く聞こえるのか?

こちらの動画は時間のあるときにみていただきたいのですが、

簡易的な編集でも詐欺的に歌声が変わります。

音痴、リズム感なし、声質が悪い

そんなのなんの問題もありません。

ピッチ補正、リズム補正、

音色変更どれも編集で変えることができます。

歌ってみた動画ではケロケロボイスと言われる歌声になっている方が多いと思います。

あれは歌声の抑揚をできるだけなくし、機械的な緩急のない音に編集しているのです。

実写でカバーされている動画もやけに声にムラがないと感じませんか?

あれも全て編集で綺麗に整えられているのです。

DTMに必要なもの

歌ってみたやカバー動画を作成するには、

パソコンで音楽を編集する必要があります。

そのために歌もパソコンに録音しなければいけません。

そうすると、マイクや編集ソフトは最低限必要になってきます。

楽器もやりたい!という方もいるかもしれませんが、

楽器素人で練習するのが無理なのであれば、

編集ソフトで楽器の音をそのまま打ち込むこともできますので、

楽器を買って演奏する必要もありません。

歌ってみたを作るために必要なものは過去の記事でまとめているのでご覧ください。

DTMに必要なもの!機材一覧!曲を作ってYOUTUBERに!
YOUTUBEで曲をカバーしている人や オリジナルの曲をアップしている人が増えてきました。 そんな動画もクオリティーはまちまちで...
今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする