企業案件とは?企業案件はデメリットがある?

youtubeで大金を稼ぐ源となっているのが企業案件による収入だということはみなさんご存知ですね?

企業案件がなんなのかを簡単に説明すると

企業がYouTuberにこの商品、サービスを紹介して欲しいと依頼をし、それにYouTuberが宣伝費として収益を受け取りPRしていく行為です。

企業案件による収入や単価、より詳しい内容については既に記事としてまとめていますのでこちらをご覧下さい。

企業案件とは?収入・単価は?広告収入の時代終了。【youtube】

今回は企業案件によるデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

企業案件によるデメリットって?

企業案件は多くのまとまった金額を企業から頂けるのでたくさんのYouTuberが行っています。

よくみてるYouTuberが突然アプリを紹介しはじめたり商品紹介しはじめたらそれが企業案件です。よく見ると動画の概要欄のとこに提供:~~と記載されていたりします。

ではこの企業案件によるデメリットってなんなのでしょう。まぁちょっと普通に考えてみればわかります。

視聴者側の目線に立って考えるとわかりやすいのですが、普通に考えてチャンネル登録してるYouTuberが急に別に知りたくもないアプリとか商品の紹介を始めてもおもしろいとおもいますか?

大半の人が特に面白くはないけどそのYouTuberが好きだから見てる・・・などの結論になるんじゃないかと思います。どうしてもその商品をメインとした動画となってしまうので動画の内容は必然的に薄くなってしまいます。

なので低評価の増加につながりますね。

そして最近では企業案件って単語も結構世間的に知られるワードとなってきているので、「あぁ、この動画も企業案件なんだ」となんかリスナーを楽しませるってよりはお金欲しさにやっていてすごくお金に執着している人ってイメージがYouTuberについてしまうんですね。これも低評価につながっていきますよね。

まとめ

企業案件をたくさん行っていく

視聴者からのイメージが悪くなる

チャンネル登録数の減少、低評価数増加

総収益減、イメージダウン、企業案件の依頼が減る

といったサイクルで企業案件自体は一回でたくさんの収入を得られるのでYouTuberは一時的にはおいしい思いをするんですがどうでしょう。

私はなんかYouTubeを今後も続けていくのであれば、企業案件は頻繁に行っていくのはやめたほうが戦略的、トータル的にプラスになっていくんじゃないかな、と考えます。

一度視聴者から失った信頼、ついてしまったレッテル。ここらへんはなかなか元に戻すことができません。なので企業案件を行うにしても考えて行うべきです。

視聴者のみなさんは「あ、あの動画も企業案件だったんだ!」と動画の概要欄覗いたりしてみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする