チャンネル登録者・再生回数を買うのは危険!怪しいサイトに気をつけて【youtube】

youtube

Youtubeを仕事にして生活していくには

月数十万円の収益をあげなければなりません。

そのためには動画の再生回数とチャンネル登録者数が必要になってきます。

昨年までは、チャンネル登録者が少なくても、

再生回数さえ上がれば多くの収益が上がっていましたが、

規約が改正され、チャンネル登録者が1000人を超えていないと、

動画の収益化すらできなくなってしまいました。

テレビの人気番組を転載して再生回数を増やし、

広告収入を得ている人がたくさんいましたが、それももう出来ません。

なにがなんでもチャンネル登録者数を1000人以上にしなければ

1円も収入を得ることはできないのです。

ですから、youtubeで生計をたてるには

チャンネル登録者数と再生回数が必須なのです。

しかしそれらはそう簡単に増えるものではありません。

試行錯誤して、たくさん努力しても上手くいかないことが多いのが現状です。

Youtubeはかなりの飽和状態になってきていますからね。

そんな状況のなかで、手っ取り早く増やす方法が噂になりました。

それがチャンネル登録者と再生回数の購入です。

スポンサーリンク

チャンネル登録者と再生回数の購入

Youtubeを始めると、

怪しげな業者から連絡がきて、

チャンネル登録者や再生回数が買えますよ。

○○○人で○○円ですよ。

最初の頃に買った方が効率いいですよ。

という勧誘にあったりします。

逆に自分でチャンネル登録者や再生回数を増やしたくて、

インターネットで宣伝している業者にお願いしている人もいるかもしれません。

オークションや販売サイトを見てみると、

たくさん売り出されているのがわかります。

その業者や個人に注文すれば、

実際にチャンネル登録者や再生回数は増えますが、

最終的にあなたのyoutubeアカウントがなくなってしまう危険性もあるので

120%おすすめできません。

そのリスクを紹介していきます。

Youtubeが認めていない

チャンネル登録者が多ければ、

チャンネル登録してくれる人も増えますし、

1000人を超えれば動画を収益化することもできます。

再生回数が増えれば

見てみよう!と思う人も増えますし、

広告収入も増えます。

しかし、それは適切な方法でチャンネル登録者や再生回数を増やした場合です。

今回はチャンネル登録者と再生回数を不正に伸ばしているので、

当然ペナルティの危険性があります。

Youtubeが公表した内容によれば、

動きのないアカウントは不正アカウントと見なされ、

不正アカウントはチャンネル登録者数から排除されるとのこと。

もしチャンネル登録者を500人購入したとしても

その500アカウントが不正アカウントだと認識されれば、

自分のチャンネル登録者から500人全てが排除されるということです。

また、あなた自身のチャンネルも不正アカウントとつながっているということが

Youtube側にばれてしまうので、ペナルティー受ける可能性があります。

不正アカウントのペナルティとは“アカウントの停止”です。

アカウントが停止されれば動画投稿をすること、収益を受けとることどころか、

Youtubeにログインすら出来なくなってしまします。

まとめ

Youtubeで本当に稼ぎたいと思うなら、

正規のルートで力を付けていくしか方法はありません。

チャンネル登録者と再生回数の購入をすれば、

効率的に進むかもしれませんが、

それが悲劇を生むことになります。

順調に伸びてきたころに、過去の購入がばれて

アカウントが停止されしまっては本末転倒です。

危険な橋に渡るのはやめて、こつこつ動画投稿をしましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする