【保存版】Xサーバーで初期ドメインから独自ドメインへサイト移行する方法

ffftp

間違えてXサーバーの初期ドメインでブログを運営していた!

なんて方はいませんか?私がそうでした笑

下記の記事にも書きましたが独自ドメインでブログを運営しない限り、

どんなに良質な記事を投稿しても検索上位表示は見込めません。

無料ブログでやってるの!?本当に稼ぎたいなら絶対独自ドメイン!
無料ブログでやってたら後々公開します。独自ドメインの必要性を解説。

Xサーバーの初期サーバーでブログ運営していた方は今すぐに独自ドメインへ移行しましょう!

スポンサーリンク

初期ドメインから独自ドメイン移行の手順

まずは流れをざっくり説明します。

①独自ドメインを取得

②FTPソフトをダウンロード

③FTPソフトを使い初期ドメインのワードプレスの中身をFTPソフト上にアップロード

③FTPソフトを使い初期ドメインのワードプレスの中身をパソコン上にダウンロード

⑤FTPソフトを使い独自ドメインへ初期ドメインのワードプレスの中身をアップロード

⑥ワードプレスでurlの変更をする

詳しくみていきましょう!

独自ドメインの取得

初期ドメインでブログ運営していたという事はそもそも独自ドメインを取得していなかったと思われます。

独自ドメインにも様々な種類がありますが、今回はXサーバーで取得する場合です。

①Xサーバーの「インフォパネル」にログインします。

②左側にある「追加のお申し込み」をクリック。

③「ドメイン」を選び自分でurlを考え、取得する。

これで独自ドメインの取得は完了です!

ワードプレスデータを移行

次にFTPソフトを使ってワードプレスの中身を移動させます。

FTPソフトとは簡単にいうとブログの中身を覗けてその中のファイルを出し入れできるソフトです。(イメージを持ってもらうための説明です)

私は「ffftp」というFTPソフトを使いました。

順番にやっていきましょう

①FTPソフトをダウンロード

こちらのページから無料ダウンロードできます。

FFFTPダウンロードサイト

②FTPソフトとXサーバーの接続を行う

接続方法についてこちらのページを参考にしてください。

FFFTP接続方法

③初期ドメインワードプレスデータをパソコンに保存する

ワードプレスのファイルは「サーバーid.xsrv.jp」フォルダ内の「public_html」フォルダ内にあります。

保存が完了したら、保存したワードプレスのファイルの中にある、「.htaccess」ファイルを削除する。

④初期ドメインワードブレスデータをアップロードする

保存したワードプレスデータを独自ドメインの「public_html」内へアップロードする。

⑤urlの変更

初期ドメインのワードプレスへログインし、ダッシュボードの設定メニューで「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を新しいドメイン名に変更します。

その後、独自ドメインのurlにアクセスすると移行が完了しています。

お疲れ様でした!