公務員の仮想通過(ビットコイン)は副業?バレない方法は?

Virtual currency

最近日本中で仮想通貨ブームが起こっています。

2017年末に特に話題になっていましたが。

仮想通貨で億を稼ぐ送り人と言う人も多く現れました。

仮想通貨自体は昔からありましたが徐々に認知度や人気が上がっていき

仮想通貨の価格も一気に跳ね上がったのです。

2017年はほとんどの仮想通貨が数十倍から数千倍になりました。

そんな話を聞くと誰でも興味を持ちますよね。

仮想通貨はこれからまだまだ発展が見込まれる次世代ビジネスの1つだと思いますので

ぜひ始めたいところですね。

さて今回は副業禁止と言われている公務員の方が

想通貨取引を始めるにはどうしたらいいのか詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

公務員の仮想通貨取引

結論から言うと公務員でも仮想通貨取引ができます。

公務員の副業が禁止されている事は事実です。

しかし仮想通貨取引は副業ではなく資産運用に当たります。

公務員の方でも株や投資信託をやっている方はたくさんいますよね。

それは株や投資信託が金融機関の金融商品であり

それを購入し資産運用する事は副業には当たらないからです。

金融機関の金融商品と言うことであれば皆さんの給料が振り込まれている通帳、

おそらく普通預金通帳ですよね。

普通預金も金融機関の金融商品ですし

定期預金や退職後のための個人年金なども全て金融商品です。

株や投資信託が副業に当たるのであれば

それらの金融商品も全て副業に当たることになるのです。

仮想通貨取引は職場にバレる?

仮想通貨取引が副業でないことがわかっていただけたかと思いますが

現実、公務員の職場では株や仮想通貨の取り扱いについて正しく理解している人は少なく

悪い噂が流れる可能性もなくはありません。

説明すれば分かってもらえるかもしれませんが

できれば面倒なことにしたくは無いですよね。

では仮想通貨取引が職場の人にばれる場合はどんな時があるでしょうか。

1つ目は自分から話してしまうことです。

どんなに信頼している人でもお金に関する話をしてしまえばすぐに噂が広がります。

職場の人にばれるのが嫌なのであれば仮想通貨の話は一切しないようにしましょう。

2つ目は住民税の金額が上がることで職場の経理担当の方にばれてしまうパターンです。

なぜ仮想通貨と住民税がつながるかは別の記事で解説しておりますのでそちらを見てみてください。

なぜばれる?公務員の副業が職場にばれないたった1つの方法
ではなぜ副業していることが職場にばれてしまうのでしょうか?それは「住民税」が関係してきます。住民税も毎月給料天引きされているので、当然職場にも把握されています。

簡単に言うと仮想通貨で利益が出ると納税義務が発生するので

税務署に確定申告しに行かなければなりません。

確定申告をすると次の年の住民税が確定申告しなかった年よりも高くなります。

そうすると経理担当の人はなぜ住民税が上がっているんだろう。

と疑問に思い給料以外に収入があるのではないかと気づくのです。

それを避けるための対処法もこちらの記事で確認してください。

なぜばれる?公務員の副業が職場にばれないたった1つの方法
ではなぜ副業していることが職場にばれてしまうのでしょうか?それは「住民税」が関係してきます。住民税も毎月給料天引きされているので、当然職場にも把握されています。

公務員が仮想通貨を始める方法

仮想通貨取引を始めるには公務員の方でも特別な手続きをする必要はありません。

仮想通貨取引をするには仮想通貨取引所と言う所で口座を開設する必要があります。

口座開設といってもすべてインターネットで手続きすることができます。

仮想通貨初心者の方が仮想通貨取引を始めるには日本でナンバーワンの取引所である

コインチェックで口座開設するのがオススメです。

日本の取引所の中では取り扱い通貨の数も1番ですし

登録者数が多いことでの安心感もあります。

こちらのサイトに口座開設方法が詳しく書いてありますので

わからない方は参考にしてみてください。

http://dechcoin.com/coincheck/

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする