資産運用は損?やめたほうがいいのか?私は全部見直しました!

money
なかなか給料が上がらない現状の中、
収入を増やすために資産運用する方が増えてきています。
一口に資産運用と言っても、確定拠出型年金(ideco)投資信託、株、
保険、個人年金、不動産、預金等、様々な金融商品があります。
私のこのブログでおすすめの商品や運用方法を紹介してきましたが
今回は「資産運用はやらなくていい。」という考え方でお話を進めていきたいと思います。
とにかくお金を増やしたいから、そのためには資産運用が必要だと思っている方がほとんどですが、そんなことはありません。
資産運用をこれから始める方も、現在資産運用をしている方も一度立ち止まって
考え直してみてください。
 

スポンサーリンク

なんために資産運用する?

この質問をすると、「ほとんどの方がお金を増やしたいから」と答えます。
次に「お金が増えたらどうしたいの?」と聞くと
「今より裕福な生活がしたい」
「お小遣いにして買い物をしたい」といった答えが返ってきます。
さて、このような回答が返ってくる方は、
逆に考えれば「お金が足りていない」「収入に満足できていない」
という状況だと思います。
その方が資産運用をするということは、今よりお金が減るということです。
資産運用は将来的にお金が増える可能性はありますが、
基本的に元金や毎月の積立金が必要なので、
資産運用を始めると支出が多くなるのです。
ですから、資産運用を始めるということは
今現在お金が足りない人が、多少の利益を求めて、
現在の生活をさらに厳しいものにしようとすることなのです。
老後資金が不安だから、毎月1万ずつ積み立てておく。
このような目的であれば問題ないと思いますが、
この○○円、いつか増えるといいな。
という目的で資産運用しても現在の資産状況が厳しくなるだけで、
デメリットの方が大きくなります。
資産運用はかなり魅力的ですが、
自分の状況に合っていなかったり、目的なしに運用したりしても意味がないのです。
 

資産運用は余裕資金で

 
ということで資産運用は余裕資金で行うのが1番です。
増えるかな?増えるかな?と期待していて、
暴落して損をして資産運用をやめてしまう方は余裕資金で運用していないからです。
余裕資金はなくても問題ないお金ですから、
そのお金で自由に運用すれば、気楽です。
資産運用で不労所得を得たい!
じゃあそのために生活費を削るのですか?
失敗のリスクもたくさんあります。
余裕資金で運用して気づいた頃に不労所得が生まれていたら最高じゃないですか。
みなさんは収入を増やすために資産運用をすると考えがちですが、
根本的な自分の収入を増やして余裕資金を生み出し、
その資金でたくさん資産運用をするというのが1番のおすすめです
今、資産運用をしている方も、
なんのために運用しているのか
生活に支障が出ていないか
もう一度考えてみてください。