【Twitter】オートプロモートとは?集客などに活用できるか!?

スポンサーリンク

オートプロモートとはなんだろう?

Twitter Japanが12月6日から月額9,900円で毎日最初の10ツイートを広告として自動配信するオートプロモートの提供を始めました。

通常のTwitter広告とは違い自動で配信してくれるので従来の広告と比べていろいろな手間が省けてすごく便利だという話です。

中小企業でなくとも一般の方も登録することができるので初回設定するだけで、普段通りにつぶやいたツイートを人工知能(AI)がフォロワー以外から選び、最適なユーザーに自動で毎日10ツイート分広告配信してくれます。

地域や興味関心などから配信ターゲットをある程度こちらで絞り込むことも可能なのであまり関係のない人に広告が流れにくいという利点を持っています。

平均的に月間3万アカウントへの追加リーチ、30人の新規フォロワー獲得が見込めるという話で広告の内容は、Twitter側が審査してから流れるということです。

また月別ごとにツイートのリーチ、フォロワー数の増加、プロフィールページへの訪問者数などを簡単に把握できるダッシュボード画面も用意されていてわかりやすくなっています。

公式ではオートプロモートをこのように説明しています。

オートプロモートとは

オートプロモートは、これまでの広告の概念を変える、運用のいらない定額制のTwitter広告です。通常のTwitter広告も含めたこれまでのオンライン広告は、キャンペーンの詳細な設定や入稿作業、配信中の継続的な運用管理が必要でした。しかしこれらの運用には時間と手間、ある程度の予算を要し、企業やマーケターの環境によっては十分に効果を発揮できないことがあります。オートプロモートは、そのような悩みを解消し、もっと多くの方々に「楽しく」「簡単に」「お得に」利用いただけるように開発された新しいTwitter広告です。

引用元:https://business.twitter.com/ja/advertising/twitter-promote-mode.html

オートプロモートの4つのポイント

  •  運用が不要

    スマートフォンで登録したらあとは普段通りツイートするだけで、それらのツイートが広告になって自動的に配信されます。広告にしたくないツイートは、簡単に一時停止できます。

  •  月額固定9,900円

    始めやすく続けやすい価格で、長期的に安定したマーケティング活動をおこなうことができます。継続的に配信することで配信の最適化が進み、より効果を実感しやすくなります。

  •  ツイートすればするほどお得

    ユーザーからの反応が良いツイートが自動的により多く配信される仕組みで、通常のTwitter広告を運用するよりお得に配信できます。(プレミアムの配信数量には上限があります。)

  •  レポート確認も簡単

    「どのツイートがどのくらい広告配信されたか」「フォロワーが何人増えたか」などのレポートをスマートフォンで確認できます。通常のツイートとの比較もでき、広告効果を可視化できます。

    引用元:https://business.twitter.com/ja/advertising/twitter-promote-mode.html

と以上の4つのポイントがあげられます。

このオートプロモート機能をうまく使えばブログなどのアクセス数・収益の増加や物を販売している店舗なんかは簡単に新商品の宣伝なんかが自動で出来ちゃいますね。

また興味の持った人がフォローをしてくれてこれからも継続的に宣伝することが可能かもしれません。

そして重要なのが手頃な値段と運用の手間がないところ。

月額で9900円でできてしまうというのはすごくお手頃です。

従来のTwitter広告に比べたらかなりお得な値段設定ですよね。

そして登録さえしておけば自動で広告配信してくれるのでツイートさえ毎日すればあとは放置で構わないということです。無駄な作業が減り仕事に集中することが可能ですね。

ビジネスに関係のない人にもオートプロモートの欄が存在する?

Twitterの公式アプリにオートプロモートの欄が追加されていたり、または登録しているメールアドレスなんかにオートプロモートをビジネスに活用しませんか?のようなメールが来たりします。

これはTwitterをビジネスに活用していない人にも設置・通知されるもので全くビジネスに使う気がないという人も無視しても大丈夫です。

またオートプロモートってなんだろう?という興味本位でクリックしたり、はじめるというボタンをおしたとしても、クレジットカード情報をはじめとした細かな設定を行っていない限り月額9900円が発生するということはありえないのでご安心ください。

オートプロモートという欄が存在していたとしてもそれは連携しているというわけではないということです。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする