タオバオ代行とアリエクスプレスを比較!中国輸入転売で儲かるのはどっち?

taobao

中国輸入転売をするときに、

輸入代行業者を使うか、自分で商品を輸入するか悩むと思います。

それぞれにメリットデメリットがあり、

自分との相性があると思いますので、

この記事で比較していただき、

効率的に輸入転売をしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

タオバオ・アリババ代行のメリット・デメリット

中国商品を輸入する場合、

多くの方はタオバオアリババの商品を購入すると思います。

しかしタオバオやアリババは日本に完全に対応しているわけではないので、

基本的に輸入代行業者をと通して購入することになります。

輸入代行業者をつかって商品を購入すると

なにが違うのが説明していきます。

経費がかさむ

輸入代行業者を利用すると、様々な経費がかかります。

普通は商品代金と送料だけですが、それ以外の経費で金額が知らないうちにふくれがります。

まずは代行手数料です。

代行手数料は商品代金に対して3%~10%程度かかることが多いです。商品を5000円で仕入れたら、500円もかかるということです。

次に為替レート手数料です。中国の通貨単位は「元」ですが、1元=20円のように日々レートが変動しています。

代行業者を利用すると本来のレートに数円加算されたレートが適用されます。

だいたい1円~3円の業者が多いです。たとえば1元=20円の時に1000元の商品を買ったとすると本来は日本円で2万円ですが、

業者のレートが適用されると1元=21円で2万1千円の支払いになります。

このように輸入代行を使用して輸入すると本来かからないはずのコストがたくさんかかってきます。

日本語対応

輸入代行業者は日本語に対応しているので、

困ったことがあればすぐに対応してもらえます。

普通であればタオバオやアリババはすべて中国語で

なにも理解できない人が多いと思いますが、

代行業者を利用すればそんなことに悩まされることはなく、

トラブル少なく取引をすることができます。

アリエクスプレスのメリット・デメリット

代行業者を利用せずに直接輸入できるサイトとして

アリエクスプレスがあげられます。

アリエクスプレスは中国向けではなく、

国際向けのサイトになっているため、

英語が得意な方であれば利用できると思います。

支払いもクレジットカードに対応しているため、

Amazonや楽天で買い物するような感覚で輸入することができます。

手数料がかからない

代行業者を通さない分手数料がかかりません。

商品を選ぶたびに代行手数料がいくらだからー・・・

と計算する必要がありません。

シンプルに商品代金+送料が仕入れ値になるので、

利益額も計算しやすいです。

トラブルが起こる

アリエクスプレスで商品を購入した場合、

何かあっても自分で対応しなければなりません。

代行業者を通さないので、検品も行われません。

商品が届いたら、不良品だった、数が足りないなんてよくあることです。

そうなったときに自分で業者と連絡を取り合わなければなりません。

しかも当然日本語は通じません。

返金されない、、、なんてトラブルもよくあるようです。

取引面に関しては代行業者経由の方が安心ですね。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする