株の選び方は?銘柄選びで人と差をつける!

tousi

スポンサーリンク

株の選び方

株式投資を始め、一番最初につまずくところが銘柄選びだと思います。

投資経験がそれなりにある方も、投資が思うようにいかず、

自分の銘柄選びが正しいのか疑問に思うことがあると思います。

株で利益を出すには、正しい銘柄選びだけでは不十分ですが、

まず投資をスタートする時点で方向を間違えないことが大切です。

ここ数年右肩下がりの会社の株を10年かけて保有しようとしていたことに途中で気づいた・・・

これは大げさな例ですが、正しい銘柄選びができていないと、

気づかないまま、最悪の方向に向かっている可能性があります。

投資スタイルによって株の選び方は違ってきます。

長期投資、短期投資で選ぶ銘柄も全く違います。

それもわからず、適当に雑誌やネットに載っている株を買って利益を出そうなんて、

株式投資を成功させるためのスタート地点にも立てていないのです。

分析方法

では、どのようにして銘柄選びをするかというと、まずは分析を行います。

分析方法は主にファンダメンタルズ分析テクニカル分析の2つに分かれます。

急に専門用語が出てきましたが、ここではそれぞれの分析の特徴を押さえ、

分析の大切さを理解する程度で大丈夫です。

まずは、「銘柄選びには分析が絶対に必要」という意識を持ってください。

①ファンダメンタルズ分析

簡単に言うと、ファンダメンタルズ分析は企業の業績や経営状況の分析し、

長期で保有する株を選ぶ方法です。

じゃあ、企業のことを調べて、良い企業だったら、その企業に投資すれば利益が出るの?

と思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。

企業を分析するとその企業の企業価値を知ることができます。

その企業価値に対して現在の株価はどうなのか?がポイントです。

業績も良い、将来的にも成長が見込めそうだ!なのに株価が低い!

このような企業に投資するのがファンダメンタルズ投資です。

逆に、業績も良い、将来的にも成長が見込めそうだ!株価も高い!

という企業には投資しません。

あくまでも企業価値に対して株価が割安な企業を狙います。

それを調べるために

この企業はここ数年売り上げはどうだったのかな?利益はどうかな?

経営状況はいいかな?右肩上がりかな?右肩下がりかな?など

たくさんの情報が必要です。

これをいちいち調べてたら日が暮れてしまいますが、

今は情報ツールに恵まれているので、インターネットや雑誌で必要な情報がまとめられています。

それをチェックすればいいのです。

雑誌やインターネットでおすすめされている銘柄を選ぶのではなく、

雑誌やインターネットで分析に必要な情報を得て、ファンダメンタルズ分析をして銘柄選びをするのです。

②テクニカル分析(チャート分析)

テクニカル分析(チャート分析)とは、売買のタイミングを決めるための分析方法です。

どのように分析するかというと、チャートと呼ばれるグラフを使います。

グラフといっても、1日の株価を示すグラフ、5年間の株価を示すグラフ、株の取引量を示すグラフ、平均の株価を示すグラフなどなど様々な種類があります。

チャートに慣れるには、読み方を勉強して、実際に取引をして、経験を積んでいくしかありません。

テクニカル分析で成功するには本当にこれだけです。

まとめ

長期で保有する株はファンダメンタルズ分析で銘柄を選びます。

実際に株を買うタイミング、売るタイミングはテクニカル分析をして決めます。

短期投資では、テクニカル分析で買い時の株を見つければ良いですね。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする