株式投資初心者の失敗 始める前に押さえておきたい3つのポイント

tousi

スポンサーリンク

投資初心者の失敗

投資を始めてみたけど、儲からない。

本やインターネットでたくさん勉強したのに・・・

想像しているのと違った。

たくさん損したし、もうやめようかな・・・

こんな方、いませんか?

投資を始めた方の大半は、良い結果を残せないうちに投資から離れていきます。

それは投資の本質が分かっていないのに、形から入ってしまうからです。

銘柄選び?指標?証券会社?と、分からないことがたくさん出てきて、

勝つためにはこれを理解しておかなければいけないんだ!と張り切りますよね。

勉強して細かいところまで理解することは大切ですし、

投資で成功するためには必要不可欠です。

ですが、それ以前に投資とはこんなものだ!ということが理解できていないと

実際に取引を始めて失敗すると、大ダメージを負ってしまいます。

投資で失敗しても、「投資はこんなもんだからな。」と思えるくらいにならないと、

投資で成功することは出来ません。

では、投資初心者の方が始める前に押さえておきたいポイントについて見ていきましょう。

投資の注意点

①投資に「絶対」はない

投資のことを勉強していると様々な情報に出会います。

こうするべきだ。

これがおすすめ。

これだけは押さえておきたい。

こんなことがよく書いてありますよね。

私のブログにも書いてあります。

このような情報は嘘を書いているわけではありません。

本当に投資で成功している人が実践したことを書いていたりもします。

しかし、実際にそれを見た人が実践してみて、絶対に成功するかというと、そうではありません。

株価は様々な外的要因で変動するので、

どんな人でも株価を完璧に予想することはできないのです。

情報はあくまでも参考程度にして、投資に「絶対」はないと割り切って投資に臨みましょう。

②結局、経験を積むことが大切

投資を始めると、失敗ばかりで嫌になると思います。

時間を費やして、本気で勉強してもうまくいかなかったり、

いろんな情報が入って来すぎて何が正しいのか、訳がわからなくなったり・・・

そんなみなさんは成功することを急いでいませんか?

すぐに結果を出さなきゃ!

そんなことありません。

時間をかけてでも、たくさんの経験を積み、投資の力を着実につけていけばいいのです。

中学校から部活動に加入しますよね?

今まで経験のないバレーボールを始めたとして、

最初はアンダーハンドパスのやり方も、オーバーハンドパスのやり方もわかりません。

それでも、高校3年生まで6年間続けて、全国大会に行けるまで上達するかもしれません。

そんなに良い結果が残せるかはわかりませんが、

6年間続ければ、最初はわからなかった、アンダーハンドパスも、オーバーハンドパスも、

ほかの技も余裕でこなせるようになっていますよね?

投資も同じで経験を積めば積むほどに、自分のスキルがアップしていきます。

スポーツも料理も本を読んでるだけじゃ上達しませんよね。

経験と正しい知識があってこそどんどん成長するのです。

初心者のうちは失敗して当然なんです。

分からないことがあって当然なんです。

うまくいかなくても焦らずに経験を積んで、力をつけていってください。

③投資はギャンブルではない

何も考えずに投資する方は、株価が上がるか下がるかを運に任せることになり、ギャンブルと同じですが、

そういった場合を除けば、投資はギャンブルではありません。

投資にもセオリーや戦術があります。

それらを学ばなければ、運任せのギャンブルになってしまいます。

実際に投資を始める前に勉強ばかりしなくてもいいのですが、

勉強していかなければ、利益は出せない。という意思を持つこと。

実際に取引を始めて、経験を積みながら勉強して、さらに知識を深めていくこと。

これができなければ絶対に投資での成功はあり得ません。

自分はそうしてるかな?と振り返ってみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする