副業している人が確定申告のために準備しておくもの一覧!

Sideline

副業していて、今年が初めての確定申告!という方もたくさんいらっしゃると思います。

今後、副業を続けていくのであれば、確定申告は避けて通れない道ですので、

きっちりと準備しておきましょう。

初めての時は何をすれば良いのかもわからず、

調べてみても、聞いたことのない単語がたくさん出てきて戸惑うかもしれませんが、

1回経験してしまえば、大したことはないです。

間違えた申告をして税務署から指摘を受けることだけないように、

今のうちから理解を深めておきましょう。

スポンサーリンク

確定申告とは

副業ブロガーはじめての確定申告!必要書類を準備!
日本にいる人は基本的に納税義務があります。 買い物をしたときにかかる消費税 車にかかる自動車税 所得にたいしてかかる所得税...

確定申告については、以前の記事でまとめてあります。

そもそも確定申告の意味がわかっていないという方は

もう一度確認してみてください。

確定申告をする時には、

必ず確定申告書という書類の提出が必要ですが、

それ以外に準備しておかなければならない書類等を紹介します。

決算書

決算書は確定申告の時に税務署に提出する書類ではありません。

しかし、確実に作成しておいたほうが良いでしょう。

決算書というのは、

今年の収支等を確認するためのもので、

決算書を見るだけで、

今年の売上、経費、所得等がわかります。

確定申告書には、売上、経費等を記入しなければないので、

決算書がなければ、記入することができないのです。

そして、決算書で売上、経費、所得等を確認するためには、

日頃から仕分けを行わなければなりません。

仕分けといのは日々の取引の記録のようなものです。

例えば、グーグルアドセンスから収入が入ったら、

仕訳帳に記入します。

1月分 10万

2月分 20万

3月分 15万

・・・

などと仕分けしておくと、

その売上(収入)金額が決算書に自動でまとめられるのです。

私はMFクラウドというクラウド会計ソフトを使っていますが、

銀行に入金があるたびに自動で仕分けしてくれるので、

非常に便利です。

年末にまとまった決算書をみて、

確定申告書を作るだけでOKです。

領収書

副業をしていると経費がかかると思います。

経費は収入から差し引くことができるので、非常にありがたい制度です。

例えば、ブログを書くために購入した書籍、

商品を郵送するための切手代、

ブログサイトの通信量等

全て経費にすることができます。

しかし、これらを経費として証明するためには、

個人使用目的ではなく、事業目的であること、

自分が支払いをしたことが証明できなければなりません。

そのためには支払いした時の領収書が必要です。

確定申告時に領収書は提出不要ですが、

経費の額が大きすぎたり、

怪しい点がある場合は

税務調査にかかったりしますので、

その時に説明できるように管理しておきましょう。

源泉徴収票

副業でネットビジネスをしている場合は、

本業の方の収入があると思います。

確定申告する時は、その二つの収入を合わせて

進行しなければなりませんので、

本業の方の収入を証明する書類も必要です。

それが会社から発行される源泉徴収票です。

源泉徴収票で会社の収入、

銀行への振込明細等で副業の収入を証明し、

確定申告時の自分の収入を計算します。