やらなきゃ損。クロス取引とは?やり方・メリット・デメリット!【つなぎ売り】

Shareholders

まずはじめにクロス取引ではなく株主優待のお話をさせてください。

そもそも株主優待をご存知でない方はこちらをお読みください。

株主優待とは、企業が一定以上の株式を保有する株主に対して自社製品や割引券などを贈呈する、一種の利益還元策のこと。 企業にとって、もともとは「個人投資家にできるだけ多くの株式を保有してもらうこと」が株主優待の大きな目的であり、保有する株式数の多い株主に対しては優待を手厚くするケースが一般的です

簡単に言うと、「うちの会社の株を買ってくれたら、商品やサービスをプレゼントしますよ。」

という制度です。企業からすればかなり費用がかかるのですが、

個人投資家は株主優待が充実しているかどうかも銘柄を選ぶ際のポイントですので、

他社と比べて株主優待に力を入れている企業は、株をたくさん購入してもらえるので、

株主優待にかかる費用以上に自社の株を購入してもらえるということなのです。

近年は株主優待の企業競争が激化していて、株主優待の内容がかなりパワーアップしています。

だいたい数千円相当なのですが、高いものだと数万円相当になるものもあります。

ですから株で利益を出そうと思っていたのに、株主優待の内容がよくて、それを目的に株を運用しているという方もたくさんいます。

株主優待だけで生活しているテレビで噂の桐谷広人さんがその例ですね。

こんな話を聞いていると株主優待って最強じゃない?と思われるかもしれませんが、

株主優待を得るためには前提として、その企業の株を保有していなければならないので、

1万円相当の株主優待を持っていたとしても、その株で1万円以上の損失を出してしまってはなんの意味もないのです。

株主優待は株式投資のおまけですから、当然そのようなリスクはあります。

ここで本題ですが、今回紹介するクロス取引はそんな株式投資のリスクを完全に排除できる方法です。

今回の記事でクロス取引の知識を学び、やり方をマスターしていってください。

スポンサーリンク

クロス取引(つなぎ売り)とは?

クロス取引とは、株主優待のある企業の株に

同一金額・同一数量で現物買い注文と信用売り注文を出すことを言います。

株式投資で信用取引をされたことがある方はこれだけで理解できると思いますが、

よくわからない方のために詳しく解説していきます。

まず、現物買いと信用売りについてです。

現物買いとは、自分の証券口座の中にあるお金を使って株式を購入することです。

信用売りとは、自分のお金を使わずに証券会社から株を借りてその株を売るということです。

具体的な例に沿ってみていきましょう。

例えば、1株100円の株を100株、クロス取引するとします。

まずは100円の株を100株現物買いするので、単純に自分の口座から、

100円×100株で10万円差し引かれ、自分の手元には10万円分の株式が手に入ります。

次に信用売りですが、証券会社から株を100株借りて、1株100円で売ることになるので、

自分の元には売った分の10万円と証券会社から借りた株100株分の返済が残ります。

この時点では同じ価格、同じ数量で売り買いしているので損益は0です。

数日後株価が150円になっていたとしましょう。

現物買いした方は、買った時は10万払ったけど、株が150円になったことで今の保有株式は15万円になり、5万円の利益です。

信用売りした方は、売った時は10万円手に入れたけど、今、証券会社から借りた100株を返済しようすると株価が150円なので15万円必要で、5万円の損です。

これでわかりましたか?

現物買いと信用売りを同時に行うと、どんなに株価が変動してもお互い相殺し合うので損益は0なのです。

では、これと株主優待にどのような繋がりがあるのかというと、

クロス取引をすることで、株価の変動による損失のリスクをなくし、

株主優待を手に入れることができるのです。

メリットがたくさんの株主優待ですが、保有している株の株価が下落してしまえば、

損失の方が大きくなってしまいます。そんな株主優待のデメリットをなくしてくれるのがクロス取引なのです。

株主優待を手に入れるには、権利確定日に株式を保有している必要がありますが、

権利確定日前にクロス取引をして、株を保有しておきます。

そのまま、権利確定日になれば、株主優待ゲットです。

現物買いと信用売りをしているのでクロス取引をした日から権利確定日まで、

どんなに株価が変動しようと損失はありません。

クロス取引(つなぎ売り)のやり方

具体的にどのような手順でクロス取引(つなぎ売り)をするのか説明していきます。

①株主優待をゲットしたい銘柄を探す

今現在、株主優待を実施している企業は数え切れないほどあります。

その中から自分が気に入った企業を見つけてください。

クロス取引で損益は0になるので、企業の業績等はそこまで気にせず、

優待内容に注目してください。

そしてその株の権利確定日がいつなのかも確認しましょう。

②権利確定日までにクロス取引(現物買い・信用売)する

株主優待は権利確定日に株主を保有していれば、ゲットできるので、

権利確定日前か権利確定日当日にクロス取引をして、株を保有しておきましょう。

③権利落ち日に品渡しする

株を保有したまま権利確定日を過ぎれば、株主優待の権利もうゲットしています。

しかしクロス取引(現物買い・信用売)はまた継続した状態にあるので、

権利落ち日に品渡しをします。

品渡しとは、信用売で証券会社に返済しなければいけない、株式に

現物買いした株式を当てて相殺させるということです。

クロス取引をした時に100株現物買い、100株信用売すれば、

証券会社に100株返済しなければなりませんが、現物買いした100株を

そのまま返済に当てるということです。

これでクロスが解消されますので、クロス取引終了になります。

クロス取引(つなぎ売り)のメリット・デメリット

クロス取引のメリットは何といっても、

株価の影響を受けることなく確実に株主優待をゲットできるところです。

株を保有するために10万程度必要な銘柄で株主優待が約1万円相当のものなどがありますが、

それは利率にすると1%です。

ハイリスクハイリターンの株式投資の世界で、確実に利率1%なんていい話は他にはありません。

しかも、普通の株式投資であれば、ある程度の期間株式を保有していけなければならないので、

自分の資産が手元になくなることになりますが、クロス取引の場合、

最短で権利確定日、権利落ち日の2日間だけ株を保有すればいいことになるのです。

すぐにお金が戻ってくるので、ある程度資金があれが、ほとんどの銘柄の株主優待をクロス取引できるのです。

いいところばかりのクロス取引ですが、デメリットというか注意しなければならないこともあります。

その点だけ守っていただければ、確実に利益が出ます。

注意点に関しては別の記事で詳しくまとめていますので、ご覧ください。

クロス取引の恐ろしいリスク!逆日歩とは?損をしない方法を紹介!
近年、株主優待の人気が広まり 株主優待を効率的に手に入れることができるクロス取引が盛んに行われるようになりました。 クロス取引は...