掲載順位上がる!サーチコンソール検索アナリティクスの見方・使い方!

Searchconsole

ブログ解析のためにグーグルサーチコンソールを導入したけど使い方がよくわからず、

活用できていないという方が多いです。

サーチコンソールの中の検索アナリティクスはブログを最短で成功へと導くための

キーワード選びができる優れものです。

この記事で検索アナリティクスの使い方をマスターし、グーグルの検索上位を獲得しちゃってください!

まずは検索アナリティクスの前にブログ運営におけるキーワード選びについて再確認をお願いします。

スポンサーリンク

キーワード選びの重要性

ブログ運営をしている方は常に悩んでいることがあります。

それはキーワード選びです。

グーグルの検索エンジンを攻略し、掲載順位を上げるためには通らなければならない道です。

しかし、その悩みは解決するものではなく、ブログを運営している限り、常についてまわるものです。

記事を毎日投稿している人なら、毎日毎日キーワード選びをしなければなりません。

それを怠ってしまうと、どんなに記事を更新しても掲載順位が上がることもなく、検索流入はいっこうに増えません。

とにかく、記事を書くことが大切だと思っている人がいますがそれは大きな間違いです。

需要のないキーワードを使った記事を100記事書いても、需要があるキーワードを使ってまだ誰も投稿していない記事を投稿した1記事にはかないません。

それだけキーワード選びは大切だということです。

正しいキーワード選びができていない方は何年たってもブログが成長せず、アクセスもアップしません。

逆に正しいキーワード選びができていれば、まだ始めたてのブログでも検索上位を狙うことができます。

そのために検索アナリティクスの使い方を学んでください!

検索アナリティクスの見方・使い方

検索アナリティクスの画面に行くと

クリック数、表示回数、CTR、掲載順位

4項目のチェックボックスがあります。

始めはクリック数にしかチェックが入っていないと思いますが4項目全てにチェックをいれましょう。

searchconsole

それぞれの項目の意味はこのようになっています

  • クリック数 – ユーザーが Google の検索結果ページをクリックしてサイトに移動した回数です。詳細

  • 表示回数 – Google の検索結果に表示されたサイトへのリンクの数です。ユーザーがスクロールせず、リンクが実際には表示されなかった場合でもカウントされます。ただし、ユーザーが 1 ページ目しか表示しなかった場合、2 ページ目に以降に表示されるはずだったリンクは表示回数としてはカウントされません。カウントは、サイト別またはページ別に集計されます。画像検索のようにスクロールが無限に続くページは、スクロールされて実際に表示された項目のみが表示回数としてカウントされます。詳細

  • CTR – クリック率(CTR)は、クリック数を表示回数で除算したものです。表示回数のデータがない行の場合、CTR の計算は 0 で割ることになるので、CTR の値にはダッシュ(-)が表示されます。

  • 掲載順位 – 検索結果におけるサイトの「最上位」の平均掲載順位です。たとえば、ある検索クエリの結果でサイトが 3 か所に掲載され、それぞれの掲載順位が 2 位、4 位、6 位だった場合、そのサイトの掲載順位は 2 位となります。次に、別の検索クエリでも 3 か所に掲載され、それぞれの掲載順位が 3 位、5 位、9 位だったとします。この場合、サイトの平均掲載順位は (2 + 3)/2 = 2.5 で 2.5 位となります。表示回数のデータがない行の場合、掲載順位はないので、ダッシュ(-)が表示されます。詳細

また、4つのチェックボックスの下にクエリという項目があり、

選択されていると思いますが、クエリはキーワード分析に重要なのでそのままにしておいてください。

searchconsole

クエリの意味はこのようになっています。

クエリ

ユーザーが Google で検索したクエリ文字列で検索結果をグループ化できます。グループ化の対象となるのは、検索結果にサイトが返された検索のみです。非常に珍しいクエリは、ユーザーのプライバシー保護のため表示されません。

一般的な用途:

  • 予想したキーワードがクエリリストにあるかどうかを確認する。 予想したキーワードがリストにない場合は、キーワードとの関連性が高い有益なコンテンツがサイト内に含まれていない可能性があります。予想外のキーワード(「バイアグラ」や「カジノ」など)が表示された場合、サイトがハッキングされている可能性があります。
  • 表示回数が多いのに CTR が低いクエリを探す。このようなクエリを見つけることで、コンテンツを改善してユーザーの関心に応えることができます。

掲載順位をアップさせる

上記を読んでいただければ、それぞれの指標が何を表しているか理解していただけたと思います。

それらを使って、実際にキーワード分析をし、掲載順位をアップさせるための見方を説明していきます。

先ほどの項目の中で分析の時に特に注目していただきたいのが、クエリと掲載順位です。

クエリはユーザーがグーグルで検索した時のワードですので、基本的にあなたのブログの記事に関連するワードが並んでいると思います。

searchconsole

掲載順位は低いものから高いものまで様々あると思います。

searchconsole

まず掲載順位を見ていただいて、掲載順位が高い数字を見つけます。

見つけたらそれに対応するクエリはどんな内容か見てみましょう。

例えば私のブログでいうと

searchconsole

「企業案件とは」で検索されていて掲載順位は2位程度とわかります。

こんなに順位がいいのは私が記事を書く前から「企業案件とは」と言うキーワードで検索されることを狙って記事を構成したからです。

ではなぜ「企業案件」というキーワードを使って記事を書こうと思ったのでしょうか?

それが検索上位を取るための答えなのでじっくり説明いていきます。

ブログのタイトルに「企業案件」というキーワードをいれた記事を書いたことがなかった時に、この検索アナリティクスを見てみたら、なぜか「企業案件」というクエリで検索順位が

10〜20位程度になっていたのです。

こんな記事書いたことないのになぜ検索されてなんで順位もいいんだ?と思いました。

よくよく考えてみると、昔書いた記事の中に1回だけ「企業案件」という単語をいれていてそれにヒットしていたようなのです。

皆さんは記事を書いて検索にヒットするようにキーワードを選ぶとき、

そのキーワードを必ずタイトルにいれますよね?タイトルにキーワードをいれた方が

検索にヒットしやすいのは当然のことですからね。

では、私の企業案件の場合はどうでしょうか?

タイトルに入れず、本文に一回単語として出てきただけなのに、検索上位の方に

表示されている。

ということは、「企業案件」という記事(コンテンツ)があまり充実していないということになるのです。

皆さんも自分のアナリティクスのクエリと掲載順位を見てみてください。

掲載順位は高めだけど、クエリに自分が狙っていないキーワードが表示されているものはありませんか?

それがお宝キーワードなのです。

そのキーワードを使って記事を書いてみてください!

必ず検索上位を獲得できますよ!

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする