公務員の年末調整で得しよう!還付金や節税法について!

year-endadjustment

今年も年末調整の時期となりました。

毎年職場で年末調整をしているけれど、いまいち意味がわからず、

言われたとおりにしている人はいませんか?

税金は制度を知っているか、知っていないかで、

得するお金に大きな差が生まれてしまいます。

今まで言葉の意味がわからなかったり、事務処理が面倒くさかったりして逃げてきませんでしたか?

「年末調整」「確定申告」「扶養」「所得」・・・

早いうちに理解して、税金面でたくさん得をしましょう。

塵も積もれば山となるで、周りの人と差がつきますよ!

スポンサーリンク

公務員の年末調整とは?

まずは年末調整について勉強していきましょう。

皆さんは毎月お給料をもらっていますが、お給料から税金がひかれていますよね?

給料明細を見ていただければわかりますが、「所得税」という欄があり、

給料からいくらか天引きされていると思います。

しかし、その「所得税」の額は本来納めなければいけない所得税の額ではありません。

それはあなたの給料が一定ではないからです。

通勤方法が変わって通勤手当が増えたり、

子供ができて児童手当が支給されたり、

残業が増えて時間外勤務手当が増えたり、

様々な要因で給料が変動します。

その月の給料支給額に合わせて、所得税も調整されますが、それはざっくりとした金額です。

ですからあなたが本来納めなければならない所得税と給料から天引きされた所得税の金額が一致しないのです。

この差額を調整するのが年末調整です。

もし、本来納めなければならない所得税額が給料から天引きされていた所得税より少なければ、

納めすぎていた分のお金が戻ってきます。(還付金)

逆に本来納めなければならない所得税額が給料から天引きされていた所得税より多ければ、

追加で所得税を納めなければいけません。(追徴)

公務員の所得とは?

さて、なんとなく年末調整についてイメージしていただけたかと思いますが、

実際どうなっているのか見ていきましょう。

おそらく、皆さんがは毎年年末調整で追徴されるのではなく、還付金があり、喜んでいると思います。

納めるべき所得税より、納めていた所得税が多かったということですね。

なぜみんなお金が返ってくるのかというと、年末調整で「納めるべき所得税」を少なくしているからです。

???

と思った方がほとんどだと思います。

皆さん、ご自分が年末調整の時に何をしているか思い出してください。

わけのわからない保険料の金額を記入したり、

扶養親族を書いたりしていますよね?

あれで「納めるべき所得税」を少なくしているのです。

具体的に言うと、保険料控除や配偶者控除、扶養控除などですが、

これらの言葉で使われている「控除」というのは

簡単に言うと、あなたの「所得」から引きますよ。

という意味です。

例えば10万円分の保険料を申告できたら、

保険料を10万円申告してくれたので、

あなたの所得から10万円引きますよ。という意味です。

これにどんな意味があるのでしょうか?

例えば、年間所得が300万円だとします。

そして所得税率が5%だとして、

年間で15万円の所得税を納めなければいけません。

ですが、毎月給料から天引きされていた所得税は17万だったら

2万円還付されることになります。

しかしここにさらに保険料控除10万円があると、

所得が10万円減ることになるので、

年間所得300万ー保険料控除10万=290万

290万×所得税率5%=14万円

納めるべき所得税が14万円になりました!

そうすると還付額は3万円になりますね。

いろいろな「控除」を利用すると自分の「所得」が少なくなり、

納めるべき所得税額も減額されるのです。

控除の種類

保険料は毎年申告してるけど、他に何があるの?

と思われるかもしれません。

年末調整で控除できるものは

皆さんが記入している、扶養控除申告書や保険料控除申告書に書いてありますが、

皆さんが利用しやすいものとしては、

配偶者控除、扶養控除、保険料控除、配偶者特別控除、小規模企業共済等掛金控除などが挙げられます。

どうやったら該当するかはこちらのリーフレットをご覧ください。

国税庁のリーフレット

個人的におすすめなのが小規模企業共済等掛金控除です。

これは最近公務員でも加入可能になったideco(確定拠出型年金)の

掛金が全額控除できるというものです。

idecoは絶対加入した方がいいので、興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

やらなきゃ損。公務員確定拠出型年金とは?節税などのメリット!【イデコ】
公務員の確定拠出型年金(イデコideco)とは?節税・運用益などのメリットを紹介!元本割れなどのリスクに対応するには投資信託より定期預金が良い?