忘れてたら危険!公務員が副業したら必ず確定申告しよう!

koumuin

スポンサーリンク

副業と税金の関係

公務員の方で副業されている方は必ず確定申告をしなければなりまん。

確定申告をしなければ、脱税していることになりますのでしっかり理解しましょう。

確定申告と言われても、聞いたことはあるけどよくわからない。

という方がほとんどだと思います。

確定申告を説明する前に、所得税について簡単に説明します。

公務員の方は毎月の給料から所得税が天引きされていますよね。

よく分からない方は給料明細をチェックしてみてください。

所得税は1月~12月までの一年間の所得に対してかかる税金です。

たとえば、毎月10万円の給料を12か月貰ったとすると、1年間の収入は120万円です。

そして所得税率が5%だったとすると、120万円×5%で6万円が

1年間に納めなければならない所得税となります。

※わからないかたにイメージを持ってもらうため、控除等については触れていません。

所得税は毎月の給料から天引きされていますが、実際に1年間に納めなければならない

所得税額は12月の最後の給料が入らなければ分かりません

毎月天引きされていた所得税額の12か月分の合計と

一年で納めなければいけない本当の所得税額に差が出ます。

この差を調整することを年末調整といいます。

年末調整は12月に行われ、

毎月天引きされていた所得税額が実際に1年間で納めなければならない所得税額より多ければ、還付(税金を払いすぎていたのでお金が返ってくる)されます。

毎月天引きされていた所得税額が実際に1年間で納めなければならない所得税額より少なければ、所得税をさらに納めなければなりません。

これはどこの官公庁でもそれぞれの職場で毎年行われています。

しかし、よく考えてみてください。

収入があれば所得税を納めなければならないですよね?

なので公務員の方も一年間の給料に対して、毎年所得税を納めています。

では、もし給料以外に副業で収入を得ていたら、どうすればいいのでしょうか?

そこででてくるのが確定申告です。

確定申告をしよう

給料以外で収入を得た場合は確定申告をしなければなりません。

給料の場合は職場で毎月所得税が天引きされ、

納めた所得税が多かったり、少なかったりしても年末調整で調整されます。

しかし、給料以外で得た所得は給料と違って所得税が引かれていません。

ですので、そのままだと所得税を納めていないことになります。

アフィリエイトブログで100万稼いだ!

立派な収入です。しかし、所得税を納めていません。

たとえば、所得税率が5%であれば、本来5万円所得税を納めなければなりません。

どうやって収めるかというと、自分の収入を申告するのです。

100万円稼ぎました。所得税はいくらかかりますか?

5万円ですね。わかりました、納めます。

これでやっと1年間に納めるべき所得税を全て納めたことになります。

これが確定申告なのです。

ですので、給与収入以外の収入がある方は必ず確認してください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする