なぜばれる?公務員の副業が職場にばれないたった1つの方法

スポンサーリンク

副業がなぜ職場にばれるのか?

公務員の副業が職場にばれる原因は「確定申告」と「住民税」です。

確定申告に関しては以前の記事をご覧ください。

忘れてたら危険!公務員が副業したら必ず確定申告しよう!
公務員の方で副業されている方は必ず確定申告をしなければなりまん。確定申告をしなければ、脱税していることになりますのでしっかり理解しましょう。

確定申告で給料以外の収入についても申告し、1年間のすべての収入額がわかりました。

それにより、1年間に納めるべき所得税額が確定しました。

これだけであれば、職場には何の情報もいきません。

ではなぜ副業していることが職場にばれてしまうのでしょうか?

それは「住民税」が関係してきます。

所得税は1月から12月までの1年間の所得にかかる税金です。

逆に住民税は前年の所得に応じて徴収される税金なのです。

そして、住民税も毎月給料天引きされているので、当然職場にも把握されています。

今までで収入が給料だけで月1万円の住民税をとられていた人が、

副業を始め、給料と同じくらい副業で収入を得た場合、その収入を確定申告しなければいけません。

そうすると収入の総額が給料だけだった時の2倍程度になりますので、

次の年の住民税はいままでの1万円から急に跳ね上がります。

これが職場にばれてしまう理由です。

副業を職場にばれないようにする方法

副業をしたら確定申告をしなければなりません。

しなければ脱税していることになってしまいます。

しかし、確定申告をすると収入の総額が給料+副業での収入になり、

収入が給料だけだったときよりも住民税も跳ね上がってしまいます。

職場に経理担当や事務担当の方がいると思いますが、

その人たちは税金等に間違いがないかしっかりチェックしています。

この人今まで住民税が1万円だったのに急に2万円になってる。

なにかおかしい・・・

このようにしてばれてしまいます。

ではどのようにしてばれないようにすればいいかというと、

職場の方が天引きされている住民税の額を見てばれてしまうなら、

住民税が天引きされないようにしてしまえばいいのです。

話は戻りますが、副業したら確定申告で副業の収入を申告しなければなりません。

そのときに確定申告書にこのような欄があります。

「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」

これはどういうことかというと、

給料以外の所得にかかる住民税の納め方はどうしますか?ということです。

給料以外の所得ということはつまり、副業で得た収入です。

ここで給料から天引きか、自分で納付か選ぶことができます。

koumuin

自分で納付にすれば、

今まで通り給与にかかる住民税は毎月給料から天引きされ、

副業で得た所得にかかる住民税は職場を通さず、別に自分で納めることができるようになります。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする