やらなきゃ損。公務員確定拠出型年金とは?節税などのメリット!【イデコ】

ideco

公務員も2017年1月から確定拠出型年金(イデコ)に加入できるようになりました。

民間企業の方からすれば、当たり前のことかもしれませんが、

公務員は今までは確定拠出型年金に加入することはできませんでした。

公務員の方のそれぞれの所属では、昨年度中に担当者からの説明や、

お便り等で確定拠出型年金(イデコ)の周知があったと思います。

おすすめする人がたくさんいるし、始めた方がお得というのはなんとなく

わかるんだけど、正直なんなのかよくわからない。という方が多いと思います。

一般的に公務員は福利厚生の面がとても整備されていて、利用した方が絶対にお得な

制度がたくさんありますが、お金のことにはあまり興味がなく、

事務処理をめんどくさがって制度を利用できていない方が多いのも現実です。

確定拠出型年金(イデコ)は始めた方が確実に得をする制度です。

そんな制度を知っているのにやらないのは本当に損です。

気づいた時からすぐに始めれば、やっていない人と雲泥の差が出ます。

制度の良さに気づいている方は「自分だけ」と思い、内緒でやっています。

公務員の方に限らず、民間企業の方も加入できますので、

今回の記事で確定拠出型年金について学び、ぜひ確定拠出型年金(イデコ)を始めてみてください。

スポンサーリンク

公務員の確定拠出型年金(イデコ)とは?

確定拠出型年金のことを説明するために、

日本の年金制度について少しだけ説明をします。

日本の年金は3階建てになっており、ご自分の立場によって年金の種類も違います。

ideco

1階は20歳以上の国民が全員加入する国民年金です。これは次に出てくる2階部分に該当しない方が加入しています。

2階は民間企業・公務員の方が加入する厚生年金、自営業者等の方が加入する国民年金基金があります。厚生年金は強制加入で毎月給料から天引きされていますが、国民年金基金は任意です。

3階は会社に従業員に対して会社が独自に行っている確定給付企業年金です。

このように公務員の方は毎月給与から厚生年金の掛け金が天引きされ、退職後に年金が給付されることになっています。

では、確定拠出型年金は何なのかというと、これらの強制の年金とは別に、

自分で掛け金を決めて、毎月積み立てていく年金なのです。

しかし、ただ金融機関にお金を預けていくわけではなく、

自分で金融商品を(投資信託や定期預金等)運用していくことになります。

それぞれ商品によって違いがあり、リスクはあるが将来お金が増えている可能性のあるもの、

リスクがなく元本保証されているがお金は積み立てた金額のままのものなど、いろいろあります。

どの金融商品を選んでも、結果的には将来給付される年金が他の人よりとても多くなるということです。

ここまで読んで、

「・・・退職後のお金のために毎月掛け金払わなきゃいけないの?」

「それだったらやらなくていいや。」と思いませんでしたか?

確かに普通にもらえる年金にプラスして確定拠出型年金がもらえるのは嬉しいですが、

私が確定拠出型年金をみなさんにおすすめする理由はこれではありません。

公務員の確定拠出型年金(イデコ)のメリット

確定拠出型年金を始めることで将来の年金給付を充実させることができます、

しかしそれだけではなく、長い目で見て得することがたくさんありますので紹介していきます。

①税制優遇措置(節税効果)

公務員の方の確定拠出型年金は掛け金月額12000円、年額144000円までという限度額が決まっていますが、限度額の範囲内であれば、その掛け金が全額所得控除されます。

これが最大のメリットなのです!

しかし、所得控除???という方が多いと思いますので所得控除、所得税についても解説します。

ここでめんどくさいと思わずにここだけでも読んでみてください。

公務員の方は毎月給料が支給され、その額に応じて、所得税がかかっていると思います。

例えばの話ですが、毎月給料が20万円の方には毎月1万円の所得税がかかっていると思います。

そうすると、1年間で納めた所得税は1万円×12ヶ月で12万円になります。

しかし、毎月給料から引かれている所得税はざっくり計算された所得税で、

本来納めるべき所得税の額ではないのです!

ざっくり計算された所得税なので、多かったり、少なかったりします。

え?じゃあちゃんと税金納められてないの?と思われるかもしれませんが、

給料からざっくり計算された所得税と本来納めるべき所得税との差を調整するのが

みなさんご存知年末調整なのです。

みんさん一度はやったことがあると思いますが、年末調整の時にご自分の

保険料などを紙に書いたりして申告しますよね?

簡単にいうとあれが所得控除の手続きなのです。

あれはここで申告した金額をあなたの所得から控除(引く)しますよ。という意味です。

ですから申告する金額が大きければ大きいほど、所得が少なくなり、納めるべき所得税も少なくなるのです。

納めるべき所得税が少なくなる=年末調整で還ってくるお金が増える

です。

しかも、年末調整でいつも申告していた、保険料は毎月掛け捨てているお金ですが、

確定拠出型年金は将来のための積み立てです。そのお金が全額所得税控除の対象になり、

年末調整時にお金が還ってくるのです。

将来のお金も今のお金も得することができるのです。

じゃあ実際いくら得するのかきになるところですが、

こちらのサイトで調べられましたので、気になる方は是非!

確定拠出型年金の節税額シュミレーター

公務員の確定拠出型年金の限度額は月1万2千円までですので、そこは間違えないように入力してください!

②運用利益は非課税

投資を経験されている方ならご存知かと思いますが、金融商品で利益が出るとその運用益に対して源泉分離課税(20.315%)がかかります。

しかし確定拠出年金は運用益が非課税となり、利益を全額受け取ることができます。

金額が大ききなればなるほど、税金でもっていかれる金額も大きくなってしまうので

これも大きなメリットです。

しかし、注意して欲しいのが確定拠出型年金で運用する金融商品を選ぶとき

投資信託等リスクのある商品を選ぶと、利益どころか、運用していくうちに元本割れしてしまう可能性がなくはないということです。

それを恐れて元本割れする可能性のない定期預金等の金融商品で節税効果だけを得て、確定拠出型年金を運用する方が多いですが、

それぞれにメリットデメリットがありますので、次回の記事で、おすすめする確定拠出型年金の金融商品を紹介したいと思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする