【2017】アドセンス関連コンテンツの条件・収益は!?

google

周りの人のブログを見ていると

こんな広告を見かけませんか?

google

グーグルアドセンスには様々な種類の広告がありますが、

世間一般的に使われているのは正方形のレンタグル広告等が多いと思います。

今回紹介するのはグーグルアドセンスの関連コンテンツ広告です。

ご自分のブログにあった広告を見逃していると、とてももったいのないので様々な広告についてぜひ確認してみてください。

今回はまずグーグルアドセンスの関連コンテンツについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニットとは?

関連コンテンツについてはグーグルアドセンスのページに詳しく説明があります。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します。

関連コンテンツ ユニットで、おすすめの関連コンテンツを表示するページを選択すると、ページを閲覧しているユーザーにサイト内の最も関連性の高いコンテンツを宣伝できます。また、サイトによっては、おすすめの関連コンテンツの間に広告を表示することができます。こうすることで、サイトの収益化をさらに促進できます。

関連コンテンツのメリット・デメリット

メリットですが、上記の説明にもありましたが、収益性が上がります。

google

こんなふうに自分に興味のある記事や広告が出ていたら思わずクリックしてしまいたくなりますよね?

あたかも関連記事のような感覚でgoogleの広告が貼り付けられるのです。

大幅な収益アップが見込める関連コンテンツユニットですがデメリットが一つだけあります。

それはグーグルアドセンスの審査通過後、すぐには導入できないということです。

関連コンテンツ掲載条件

googleにはこのように示されています。

google

このようにトラフィック量とページ数に条件があります。

その具体的な数値は公開されていませんが、実際に導入しているブロガーさんの情報をみると

記事数150、月間アクセス30000程度が平均なようです。

関連コンテンツを導入できるころにはブログもそれなりに安定していると思いますが、

関連コンテンツでさらなる収益の増加が見込めるので、導入目指してコツコツ頑張りましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする