アドセンスの自動広告とは?収益アップがやばい!関連コンテンツも使える!

google

久々にアドセンスからメールが来ていたので確認してみると

新しく自動広告というサービスがスタートしたそうです。

以前は1部のユーザにしか使えないサービスでしたが

今では全ての人が対象となっているそうです。

初めてアドセンス広告を使う方は最初から自動広告を使うことができますね。

私も実際に自動広告を導入してみましたので収益性やメリットデメリット等について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス自動広告とは

自動広告は広告コードを入力するだけで

Googleが自分のブログやサイトに合った形の広告を配置してくれるサービスです。

具体的には

広告内容の最適化

設置場所の最適化

手動設置広告との併用等が自動で行われます。

まだ広告を貼り付けたことがないという人も

自動広告のコードを入れるだけで

自分のブログにあった適切な広告が適切な場所に表示されるようになります。

アドセンス自動広告の種類

自動広告が導入されるにあたり

ページ単位の広告がなくなりました。

それは何故かと言うとページ単位の広告も自動広告の中に含まれているからです。

自動広告の種類は

テキスト広告とディスプレイ広告

インフィールド広告

記事内広告

関連コンテンツなどなど

Googleアドセンスで今まで使われてきた広告がほとんど網羅されています。

関連コンテンツユニットに関しては収益性がかなり上がるにもかかわらず

使える人が限られており悩んでいる方も多かったですが

関連コンテンツユニットも自動広告に含まれているため

今まで関連コンテンツユニットが解放されていなかった人も使えるようになりました。

これによりブログの収益性はかなりアップすることが期待できます。

アドセンス自動広告の注意点

ここまで読んでいると自動広告は最強なんじゃないかと思いますが

良くない点もいくつかあります。

まずは設置場所が完璧では無いということです。

Googleの方でブログやサイトに馴染むように配置場所を設定しています

自分が思ったようなところに配置されない場合も多いです。

広告の配置場所が悪いとクリック率が悪くなるだけではなく

ユーザビリティーが低下しサイトの滞在時間なども短くなってしまいます。

ですのでこまめに自動広告の配置場所をチェックし

あまりにも影響のあるところに配置されているようだったら廃止を検討することも必要ですね。

もう一つの欠点がポリシー違反になる可能性があるということです。

Googleアドセンスでは広告の設置場所や設置数等に決まりがあり

リシー違反を犯すと広告の配信が停止されたりしますが

自動広告は手動設置した広告と併用ができるということで

自動広告がたくさん出てしまうと数も多くなりポリシー違反になる可能性もなくはありません。

これも自動広告を使って様子を見ながらどの程度自動広告が反映されるのかを確認していく必要があります。

自動広告で適切な設置場所に広告が表示されているのであれば

手動で設置していた広告を減らしてみてもいいかもしれません。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする