公務員の育休は何年とるか?なん歳までが良いのか?収入が減るので注意!

money

公務員の方が子供を授かると

必ず産前産後休暇、育児休業を取得すると思います。

育児休業は子が3歳に達するまで取得できますが、

収入のことなども考えて、期間を決めなければいけません。

ずっと同じお金が支給されて、普通に生活できるのであれば、

3歳になるまで休業しても良いかもしれませんが、

実際、今の制度では途中から完全な無給になってしまいます。

そうなると、子育てしたくても働かなければならない

という状況になるかもしれません。

最初に育児休業を申請する段階でその後のことも考えて

計画的に取得できると一番良いですね。

産前産後休暇、育児休業中の給料やボーナスについては

以前の記事で解説していますので、

まだよくわからないという方はまずは

そちらの記事を読んでみてください。

公務員の産休・育休中の給料・ボーナスを解説!手当や収入はどう変化する?
公務員の方は産休・育休等の制度がしっかりしており、 男女ともに働きやすい環境が整備されています。 ですので、子供を授かったらほと...
公務員の育児休業手当金とは?支給日・期間・計算方法全て解説!
公務員の方が子どもを出産すると、 多くの場合、産休(産前産後休暇)と育休(育児休業)を取得し、 育児に励まれると思います。 ...
公務員の産休・育休中の扶養手当・配偶者控除の仕組みを全て解説!
最近は夫婦共働きが多くなって来ています。 それは女性の社会参加を推進する動きが強いのと 産休育休等の制度が整備され、 1度...

スポンサーリンク

まずは収入を確認

育児休業を取得すると、給料は無給になりますが、

子が1歳になるまでは育児休業手当金が支給されます。

まずは、配偶者の収入と育児休業手当金が支給されたときの

収入の合計を計算しましょう。

ほとんどの人は育児休業手当金が支給されている時は

収入に問題はありませんが、20代前半で結婚された方は

この時点でも生活がギリギリになる可能性があります。

育休は当然とるものだと思われていますが、

それで生活できなくなっては元も子もないので、

もしも計算してみて生活できないようなら、

親元に預けたり、安いアパートに転居するなど、

対策を考えなければなりません。

次に子が1歳になった後の収入について計算します。

子が1際になってからは自分の収入は本当に0になります。

自分の元の収入が25万円だとして、

育児休業手当金の時は13万円程度、

そして1才をすぎた時にはそれが0になるので、

生活できなくなる人がたくさんいます。

その期間は今までの貯金を切り崩して生活したり、

貯金を0にしたりする方が多いようです。

そこらへんも夫婦の考え方で決まってくるので、

配偶者とよく相談してみてください。

私のおすすめ

収入を計算して、どのくらい休業するかはご自分で判断することですが、

私がおすすめする休業期間について最後に説明したいともいます。

まず、普通は産前産後休暇から育児休業に入りますが、

その瞬間から給料は無給となり、育児休業手当金に変わります。

しかし、産前産後休暇が終わってから育児休業に入るのではなく、

自分の持っている年次有給休暇を何十日か消費することで、

その期間は有給になり、無給期間が少しですが減らせます。

年次有給休暇は年間40日ですが、育児休業中は使うことがないので、

育児休業に入る前にある程度消費しておいたほうがお得です。

二つ目のおすすめは、パパママ育休プラスです。

育児休業手当金は1才までしか支給されませんが、

夫婦共に育児休業を取得した場合は1才2ヶ月まで支給されます。

育児休業の期間は夫婦でかぶせる必要はないので、

例えば、お母さんが1才まで

1才から1才2ヶ月までお父さんが取得という風にしても良いと思います。

色々な制度を活用して、不利の内容に育児を進めましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする