マイナンバーカードがポイント還元カード・保険証に!急いで作ろう!

皆さんもニュースでご覧になったかもしれませんが、

15日の閣議で、健康保険法等が改正されました。

その中で、マイナンバーカードを保険証として

使えるようにしていくことも盛り込まれました。

マイナンバー制度が始まってから3年ほど経ちますが、

マイナンバーカードを持っている人は未だに人口の1割程度だそうです。

そもそも制度を理解していない人がとても多いのが原因だと考えられます。

保険証として使えるようになるということの他に、

消費増税後のキャッシュレス決済した場合の還元ポイントが、

マイナンバーカードに付与されるという情報もありますので、

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

マイナンバーカードとは?

そもそも皆さんはマイナンバーカードを知っていますか?

興味関心がある方はあまりいないかもしれません。

皆さんは緑色の薄っぺらい紙でできた、

マイナンバー通知カードはお持ちですよね?

あれはマイナンバー制度が始まったときに全国民に配布されました。

職場、役所、税務署等で使ったことが何回かあるのではないでしょうか?

今回説明する「マインバーカード」は「通知カード」とは別物です。

「マイナンバーカード」は「通知カード」を受け取った後に

自ら、発行を申請しなければ受け取ることができないものなのです。

「通知カード」も「マイナンバーカード」もマイナンバーが書いてある証明書ということでは同じなのですが、

「マイナンバーカード」の場合は、身分証明証としても使えます。

また、住民票や所得証明書、印鑑証明等は本来、平日に役所に行って発行してもらいますが、

マイナンバーカードがあれば、コンビニで発行することができます。

これだけみると、今までマイナンバーカードのメリットは、

身分証明書になる、役所に行かずに公的書類が発行できるということだけでした。

身分証明書は免許証や保険証がありますし、

役所にも行こうと思えば、簡単に行けるので、

わざわざ発行しなくていいかなという人が多かったのかもしれません。

マイナンバーカード=保険証

そして今回の健康保険法改正で、今後マイナンバーカードが保険証として使えるようになる見込みです。

政府の目標としては2021年3月から実施していきたいとのことです。

最初、このニュースをみたとき、保険証があるから意味がない。と思いました。

実際、今まで通り保険証も使えます。

それではあまり意味がありませんよね。

しかし、この施策は必ず続きがあると予測しています。

今までは、医療機関にかかると保険証を提示することで、

その医療機関が保険者に7割の料金を請求、本人に3割の料金を請求していました。

これは変わらないのですが、

医療機関にかかったときにマイナンバーカードを提示して、医療機関にかかると、

今までとは違い、どこの医療機関を受診しても、そこでかかった料金が、

全て、マイナンバーに紐づけられることになります。

すると、その人がどのくらいの医療費を負担しているか国は一発で把握することができます。

そうなれば、今現在は私たちが自分で申告している確定申告の医療費控除なども、

全て、税務署の方で管理できるようになるのです。

今回の件に関係ありませんが、国がこういった施策を打ち出すのは、

マイナンバーをとにかく普及させたいからです。

マイナンバーを完全に普及させれば、小さな収入があっても確定申告をせず、

脱税していた方などが全て洗い出されるからです。

報酬を与える機関にはマインバンバーの提示を義務付けさせる日が必ずくると思います。

マイナンバーポイント還元

今年の10月から消費税が10%に増税されることが決まっています。

しかし、消費減が見込まれるため政府はキャッシュレス決済した場合ポイントを還元する施策を考案しています。

しかし、電子マネーの会社と連携してポイント還元した場合、

ポイント会社が経営破綻した場合、ポイント還元が保証されないことが懸念材料でした。

それを打開するために政府は現在、還元ポイントは公費で支出し、

マイナンバーカードにポイントが貯まるようにする案を出しています。

例えば、コンビニで1000円の買い物をし、

三井住友visaカードで決済したとします。

すると今ままで通り、三井住友visaカードのクレカ決済のポイントで1%は

クレジット会社からポイントが入り、

それとは別にマイナンバーカードを提示することで、

マイナンバーカードに2%?の還元ポイントが国から支給されるのです。

これはクレジットカードや電子マネー等のキャッシュレス決済をしたときのみ限定です。

また、ポイント還元の方法については決定ではありませんが、

国の施策ですので、電子マネーやクレカの会社に全てを委託するのは現実的に無理なので、

マイナンバーカードを利用する案が濃厚だと思います。

キャッシュレス決済でのポイント還元はかなり力を入れるようなので、絶対にやったほうがお得です。

マイナンバーカードを発行していない人は急いで準備をしましょう。

友達紹介だけで6000p

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

「ポイントタウン」とは?

私が最近利用しているポイントタウンは大手企業GMOが運営しているポイントサイトで、

様々な条件でポイントが入り、現金やその他電子マネー等に換金できるサービスです。

最近はアプリ内のポイント等で買い物ができるお店が増えてきていて、

こういったアプリは注目を集めているので、今後ますます人気になっていくのではないかと思います。

ポイントタウンはインターネットでログインして使うこともできますが、

スマートフォン用のアプリもあるので、いつでもどこでも利用できます。

具体的にはログインしたり、お店に行ったりするだけでポイントがたまります。

当然お買い物したりしてもたまります。

また、これがイチオシなのですが、

歩くだけでポイントが貯まるシステムもあるのです!  

ポイントサイトの一番嫌なところはポイントがなかなかたまらないところですが、

ポイントタウンに関してはその敷居が以上に低いのでストレスなく稼げますね。

また、換金も100円からできるので利用者に優しいですね。

そして今現在最強にお得なのが、友達紹介です。

ポイントタウンに登録して友達に紹介するとそれだけで6000ポイントももらえます・・・

これだけで月数十万ポイント稼いでいる人もいるようです・・・

そんなポイントタウンですが、当然登録から利用まで全て無料です。

無料登録はこちらのバナーかリンクをクリック!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

スポンサーリンク

フォローする