【最強】公務員なら積立NISA投資して資産を増やすべき!

nisa

2018年から積立nisaという制度が始まりました。

積立nisaとは投資信託の購入時や売却時にかかる手数料が無料になったり、

売却益にかかる税金が非課税になったりする制度です。

非課税期間は20年間となっており、長期的に資産運用したい方にはもってこいです。

公務員の方は財形貯蓄や個人年金等で老後の資金などを積み立てされている方も多いですが

今ある金融商品の中ではidecoと積立nisaが最強だと思いますので

今回は積立nisaについて理解していただきたいと思います。

idecoについては過去の記事で

やらなきゃ損。公務員確定拠出型年金とは?節税などのメリット!【イデコ】

スポンサーリンク

公務員の積立nisa

公務員の方に積立nisaをお勧めする理由

収入が安定して毎年増えていくからです。

積立nisaの対象額は1年間で400,000円で1ヵ月当たり約3.3 万円の投資になります。

一般家庭からすると現在の家計から毎月3.3万円を捻出するのは厳しいことかもしれませんが

公務員の方であれば毎年必ず昇給がありますので

最初は少しきつくても将来的には毎月の給料に余裕が出てきて

年間40万の積み立てができると思います。

公務員でも若いうちは給料が低いので3.3 万円投資しなくても

少額から始めてみればいいと思います。

このようにまず公務員であると将来の収入が約束されているので

積み立てが家計を圧迫することなく投資をすることができます。

そして積極的な投資ができることもメリットの1つです。

これはどういうことかと言うと積立nisaにもいくつかの商品があり

ハイリスクハイリターンな商品ローリスクローリターンの商品など様々です。

ちらが良いかと言われると大体の方がローリスクローリターンと言いますが

公務員の方であればハイリスクハイリターンの商品を選んでもあまり問題はありません。

それは何故かと言うと公務員の方は退職手当が保障されていますし、

将来支給される年金として毎月厚生年金を支払っていると思いますので

退職後の資金を心配する必要もありません。

一般の方であればずっと積み立ててきた資産が半分になってしまっていたら

いざというときに困りますが公務員の方であれば

そこら辺の保証があるのであまり影響がありません。

かといって資産が減っていいわけでは無いのですが制度に恵まれている点は変わりないので

ご自分のライフプランを見つめ直してみて

いつどんなお金が必要なのか考え積立nisaの商品を選んでみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする