公務員の嫁が積立nisaを始めたので実績を公開します。

昨年から話題になっている積立nisaですが、

私の妻もとうとう始めました。

最近は仮想通貨の人気が急上昇したりして、

投資に興味を持ち始める人が増えてきていますが、

実際に始める人はあまりいません。

なぜか日本人は

意味もない貯金ばかりをする人か、

意味のない浪費をし続ける人に分かれます。

日本で投資に良いイメージがないのは

そもそもやっている人が少なく、

正しい情報があまり回っていないからです。

お金の使い方は自由ですが、

本当に無駄な貯金と浪費だけは無意味です。

そんなお金があるなら株式投資でも、自己投資でもした方がよっぽどいいです。

今回は皆さんがイメージしやすいように

投資初心者の私の妻がどのような投資をし始めたのか紹介します。

スポンサーリンク

積立NISAを始めました

積立nisaとnisaは国がおすすめしている制度で

投資の運用益が非課税になるというメリットがあります。

従来の投資では利益が出ても税金でがっつり持っていかれてしまいますが、

nisa制度を利用した場合は、利益が減ることがないので、

初心者でも大きな利益を出しやすいのが魅力です。

積立nisaの場合は、年間投資上限額が40万円までという制限がありますが、

制度を利用しないで金融商品を購入するよりは絶対にお得です。

また、積立nisaで購入できる投資信託は国が審査し、承認した、ファンドのみとなっているのでかなりの信頼性があります。

そもそも積立nisa自体、人気が出てきているので、全体的に購入数は増えてきています。

積立額

積立nisaの年間限度額は40万円ですので、

12ヶ月で均等割すると33,333円になりますが、

キリが悪いので、毎月30.000円を投資しています。

単純計算すれば1年間で36万円

3年間で100万円くらいです。

そもそも使用用途のない余裕資金で運用しているので、

このお金が減ろうが増えようがあまり関係はありません。

しかし、積立を続けていけば、いざ大きなお金が必要な時に使うこともできますし、

うまく運用ができて、大きな利益が生まれてくるかもしれません。

何も生み出さない貯金や浪費との違いです。

ファンド

積立は3商品でポートフォリオを組んでいます。

1、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

9,000円

新興国のインデックスファンドです。eMAXIS Slimは手数料が最安ということで

一気に人気が爆発した商品ですが、その人気は今も続いています。

2、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

18,000円

先進国のインデックスファンドです。同じく手数料がやすいです。

リターンが大きい先進国株式は多めに設定してあります。

3、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

3,000円

日本株式のインデックスファンドです。同じく手数料がやすいです。

一番割合を少なくしてあります。

毎月30,000円の投資ですので、

先進国株式6割、新興国株式3割、国内株式1割で積み立てています。

債権も0%なのでびっくりする方がいるかもしれませんが、

そもそもそこまで安全資産を入れたいのであれば、

わざわざ投資信託など買わずに国債や地方債を買えばいいと思います。

現在の状況

3ヶ月前から積立を開始していますので、

今月で3回目の買い付けが行われました。

何もなければ30,000円×3ヶ月で90,000円ですが、

今日現在の評価額が92,210円です。

今のところ2.5%程度の利益ということですね。

銀行に預けていては0.1%も増えませんから、

2.5%というのは衝撃的な数字です。

まだまだ積立額が低いので、なんともいけませんが、

忘れた頃に積立総額を確認するのが楽しみです。

また時間が経ったら近況報告をしたいと思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする