ミラーサイトがSEOに与える影響とは?不利になる?注意点など!

まずはじめにミラーサイトってご存知ですか?

ミラーサイトとは、元となるウェブサイトの全部、または一部分と同一の内容を持つウェブサイトのことである。 サーバにかかる負荷を分散する目的で作られることが多く、元のウェブサイトとは異なるドメイン名を持つ場合もある。

簡単に説明するとみなさんが作ったオリジナルのサイトと全く中身が同じのサイトのことをいいます。

今回はミラーサイトとそれがSEOに与える影響について説明したいと思います。

スポンサーリンク

重複コンテンツ

オリジナルサイトに対してそれとまったく同じなミラーサイトは当然同じコンテンツとして扱われます。これは一般的には重複コンテンツという呼び方をします。

この重複コンテンツは、検索エンジン上両方のコンテンツを検索結果に表示することはなく、どちらか片方のコンテンツのみを表示しもう片方は完全に表示されません。

これは2011年に行われたGoogleのアップデートで行われ、このアップデート以降はミラーサイトや重複コンテンツに関しては、Googleの検索結果の上位に表示されることはなくなり、検索結果の一覧にすら表示されないということになりました。

それ以降SEO上の原則として重複コンテンツは作らないようにする。とWEBサイト作成を行う人の基本となりました。ミラーサイトや重複コンテンツはSEO上品質が悪いと判断されるのです。

2011年以前は逆にミラーサイトを作ることによりSEOにおいて上位に表示されるという効果があったので、そのために大量のミラーサイトがあったのです。

本来の目的はサーバにかかる負荷を分散する目的で作られることが多かったためですがこういったSEOにいろいろ影響を与えるものになってしまっているわけですね。

ミラーサイトによる悪影響

そしてミラーサイトのデメリット?的な面としてサイト管理者が知らない間に自分のコンテンツを他人にコピーされてしまうというケースです。

フィッシングサイトや模倣サイトなどと呼び方は様々あります。そのサイトの目的としてはログイン情報、カード番号などの個人情報の取得とされています。

これは大手企業でも課題となっていて対策をいろいろ考えたりしているようです。

個人情報の抜き取りなど、悪質なケースの場合がほとんどです。もし自分が管理するサイトのミラーサイトが見つかったらGoogleのDMCAに報告し、削除申請、著作権侵害を申告するようにしましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする