メルカリ中国転売でアカウント停止にならないように注意!

merukari

中国転売をするときに商品を販売する場が必要ですが、

多くの方は、amazon、メルカリ、ヤフオク、ラクマのどれかで販売していると思います。

今回はその中で1番アカウントが停止になりやすいメルカリをピックアップしていきます。

メルカリは利用ユーザーが多く、誰でも簡単に商品を売ることができるイメージですが、

利用規約を守らない販売ユーザーが増えたため、一気に取り締まりが厳しくなりました。

ルールを理解せずに人のまねをして転売をしていると、

急にアカウントが停止され、今までの売上がなくなってしまっては大赤字ですので、

そうんらないためにも、メルカリ利用上の注意をしっかり理解しましょう。

スポンサーリンク

大量出品はNG

中国転売は商品を大量に仕入れいることが多いと思います。

そうすると自然と出品数も多くなります。

しかし毎日毎日大量に商品を出品していると

スパムだと判断され、アカウントが停止になる可能性があります。

1種類の商品を大量に仕入れた場合は、

少しずつ出品していけば問題ありませんが、

毎日の売上を安定させるためには商品の種類が多いことが前提です。

ですからもし30種類の商品を仕入れていたら、

それを一気に出品したらそれだけでかなりの量になってしまします。

出品しなければ売上は伸びませんが、常識の範囲内で出品しましょう。

複数出品はNG

同じ商品を大量に出品するのはやめましょう。

売上の良い商品は大量に仕入れて大量に出品したいところですが、

出品一覧に同一商品ばかり並んでいるのは良くありません。

それだけ売れる商品なのであれば、売れたらすぐに出品できるように管理しましょう。

画像引用はNG

中国の商品を輸入する場合、

パッケージに中国語等が入っていることが多いため、

購入サイトにある画像を引用して出品することが多いと思います

そうするとメルカリ事務局が

「この人本当にこの商品持っているのかな?」

と疑い始めるので、気をつけましょう。

かといって中国のパッケージだと購入者の印象は良くないので

本体だけの写真にしたりして工夫しましょう。

無在庫転売はNG

以前流行っていたメルカリ無在庫転売は禁止されています。

無在庫が発覚した時点でアカウントが停止されています。

事務局が無在庫を疑うのは、商品の画像や出品頻度です。

無在庫と判断されると事務局から連絡があり、

在庫の写真を送らなければなりません。

そうならないように怪しくない健全なアカウントを目指しましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする