公務員でもyoutuberになれるチャンス!youtube規約の改正!

youtube

最近youtuberがメディアに取り上げられるようになり、

Youtuberも少しずつ一般的なものになってきました。

最初はyoutuberなんて仕事じゃない。

社会不適合者が好きなことをしているだけ。

などといわれていましたが、

Youtubeで生計を立てている方があまりにも増えたため、

世間にも認められつつあります。

そんな時代の流れの中で自分もyoutuberになってみたいと思う方が増えています。

公務員の方も例外ではありません。

今の日本の経済状況では公務員の給料、ボーナスもなかなか上がってきません。

民間企業のトップを争う一部上場企業であれば、景気上昇の波に乗っていけますが、

民間の平均的な給料と足並みをそろえなくてはならない公務員は厳しい状況です。

そんな状況で家族を養っていくとなると、現実経済的にギリギリです。

給与の他に副収入があれば問題は解決しますが、

公務員は副業が禁止されているのでそう簡単にはいきません。

では公務員がyoutuberになるためにはどうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

公務員はyoutuberになれる?

公務員がyoutuberになって問題になることは大きく分けて2つあります。

1つめはyoutubeで収入を得るということです。

公務員は基本的に給与以外の収入が認められないので、

Youtubeからの収入も当然認められません。

2つめは信用失墜行為です。

信用失墜行為とは全体の奉仕者である公務員が

その立場にふさわしくない行動をとることです。

公務員に対する世間からの目はかなり厳しいので、

公務員として正しい行いをしなければなりません。

そんな中で有名youtuberがやっているような

世間の批判を浴びかねない行為は信用失墜行為にあたる可能性があるのです。

これを聞くと公務員は絶対youtuberになれない。

と思われがちですが、youtubeの収益に関わる規則が変わったことにより、

可能になりました。

今までは動画をアップロードしすぐに広告を付けることができました。

ですので、どれだけ人気のない人でも一応動画を収益化することができました。

これは公務員にとって、動画をあげた瞬間、副収入が発生し、違反になることをいみしていました。

しかし規則の改正で、チャンネル登録者数が1000人、総再生時間が4000時間を超えていないと、動画を収益化することができなくなりました。

これにより、動画を収益化することが困難になりましたが、公務員にとっては収益を得ることなく、動画をあげることができるようになりました。

今までも動画をあげた後、広告をつけなければ、収益化にはなりませんでしたが、

広告を付けておけば少しの再生回数でも収入になるので、大半の方が広告をつけていました。

それができなくなったので、公務員の方が動画をあげても、

ただ単に動画をあげているだけなので問題はありません。

そして動画を収益化できるようになるためにはそれなりに高いハードルが設定されていますので、

広告の貼れない動画をアップロードし続け、収益化できるラインに達したときは、

かなりの広告収入を得ることができるので、

公務員としての副業ではなく、youtuberとして活動できるレベルに到達していると思います。

ですので、公務員のとして動画をあげる時は広告をつけず、

収入を得ることが出来るようになった段階で専業になれば良いのです。

いままでは収入をえることが出来ても数百円~数万円程度でしたが、

改正後収入を得られる時にはyoutuberとしても人気がでてきているときですので、

収入も多いのです。

信用失墜行為についてですが、チャンネルを成長させる段階では公務員としての立場のまま動画投稿を続けなければなりません。

動画をあげること自体は問題はありませんが内容には気をつけなければなりません。

常識の範囲内でおかしいと思うこと、youtubeの規約に違反することはやめましょう。

もしも不安要素が多いのであれは、顔を出さない動画、テロップだけの動画等で動画制作をするのも一つの手です。

みなさんも今が稼ぎどきのyoutubeを活用してみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする