新潟県の結婚式の相場・引き出物の種類を解説!

kekkon

結婚式をしたいけれど実際どれくらいのお金がかかるのか想像できないという方が多いと思います。

結婚したら結婚式をあげたいと思っている方がほとんどだと思いますが、

費用の面の不安要素が強いですよね。

ご祝儀だけでできるのか?借金しても良いのか?引き出物はどのくらいの金額?などなど

わからないことファラケだと思います。

今回は私が住んでいる新潟県を例にして具体的な話をしていこうと思います。

注意して欲しいのが、結婚式は地域によって全くスタンスがちがうということです。

ですので、新潟県の方には参考になるかもしれませんが、

他の都道府県の方はこの記事ではなく、自分の都道府県の結婚式について書いている

記事を参考にした方が良いと思います。

スポンサーリンク

新潟県の結婚式の相場

新潟県の結婚式は全国的に見て豪華な方です。

結婚式場に支払う総額は平均で350万円〜500万円程度になっています。

どんなに少なくとも300万円程度はくだらないと考えた方が良いと思います。

ご祝儀は3万円が相場ですので、収入は基本的に参加人数×3万円となります。

では参加人数が多ければ多いほど良いのでは?と思いがちですがそうではありません。

新潟の結婚式が豪華で高額な理由として、引き出物が多いということがあげられます。

引き出物は参加者全員にお渡しするものですので、

人数が多ければ多いほど支払い金額も多くなります。

ですので、結論支払いを少なくしたい方は参加人数を少なくした方が良いです。

新潟県の引き出物の種類

新潟県は引き出物がとても豪華です。

新潟県では基本的に最低でも4つのものを参加者に送ります。

1つめが引き出物(贈呈品)です。

これがメインの品になります。

最近多いのがカタログギフトですね。

昔はお皿などが送られていました。

相場は3000円〜5000円です。

2つめが式菓子です。

これはバームクーヘンやケーキなどのお菓子です。

相場は3000円〜5000円です。

3つめはお土産です。

お土産は式に参加できなかった方にお土産をお渡ししてもらうという意味が込められていて、

食品やお酒などが多いです。

相場は3000円〜5000円です。

4つめは松の葉です。

松の葉は二人の名刺代わりのようなもので、

ほとんどがタオルを送ります。

相場は2000円程度です。

これら4つの引き出物を全て合計すると、2万円弱です。

それ以外に参加者の食事が1万5千円〜2万5千円程度、

飲み物代が5千円程度かかりますので、

ゲストにかかるお金としましては最低でも4万円、高くなれば5万円以上かかる場合もあります。

まとめ

上記で確認していただいた通り、新潟県の結婚式はかなり豪華ですので、

ご祝儀だけでまかなうことは現実的に考えてかなり厳しいです。

1人あたり3万円以内で収めようとすると、引き出物が少なくなったり、

料理のランクが低くなったりして、ゲストにとってはいまいちな結婚式になるかもしれません。

せっかくの結婚式ですので、やるからにはみなさんに満足してもらえるような結婚式にしましょう。

そのためには新潟県の結婚式の相場を把握し、ある程度ご祝儀なしで支払えるくらい

お金の目処をたててから挙式に臨むようにしましょう。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする