妊産婦医療費女性とは?妊娠してお金がないときに助かる制度!

スポンサーリンク

妊産婦医療費助成制度とは

妊産婦医療費助成制度は、妊産婦が保険適用の支払いを行ったときに、

自己負担した金額の一部又は全額を助成するという制度です。

対象となるのは、妊産婦で期間は母子手帳が交付されてから、

出産後○ヶ月までという指定が多いです。

助成は保険が適用される支払いに限るので、普通分娩などは該当になりません。

「妊産婦医療費助成」を受けるためには、お住まいの自治体の役所に届けが必要ですが、

認定されるためには、所得金額などの要件がある場合がほとんどです。

また注意してほしいのが、妊産婦助成制度は、国の政策ではないので、実施の有無が自治体によって異なります。

まずはみなさんが居住している自治体で「妊産婦助成制度」が実施されているか調べましょう。

制度の内容は似通っていますが、自治体によってことなる部分もありますので、

今回の記事に書いてあることが全て該当するわけではありません。

詳細はご自分の自治体のHPでご確認ください。

妊産婦医療費助成の内容

助成の内容は自治体によってことなりますが、

実際に助成を行っているある市町村の「妊産婦医療費助成」についてみていきます。

助成対象者

以下の項目にすべて該当する必要があります。
1.この市町村にお住まいの方
2.各医療保険の被保険者又は被扶養者
3.住民税が非課税又は市町村民税の所得割が非課税世帯

助成対象期間

妊娠届出の翌月の初日から出産した日の翌月の末日まで
最短でも妊娠を届け出た次の月からですので、
出生届と一緒に申請できるとよいですね。

自己負担限度額

「妊産婦医療費助成」を利用することで、自己負担限度額が設定されます。

通院の場合・・・1回530円
薬局の場合・・・無料
入院の場合・・・1日1200円

このように限度額が設定されるので、この金額を超えて自己負担した分について、

全額助成されることとなります。

申請手続き

申請場所・・・自治体の役所
必要な物・・・母子手帳、保険証、認印

役場の窓口で必要書類を記入し、申請をします。
後日認定通知などがおくられてくることが多いです。

妊産婦医療費助成の受け方

医療機関を利用した場合は、いつも通り保険証を使って医療費を支払います。

このときに医療機関から発行される領収証や明細票は大切に保管してください。

その領収書や明細票を「妊産婦医療費助成申請書」に添付し、役所に提出をします。

すると自己負担限度額を超えている分について後日、助成されます。

1ヶ月単位でまとめて請求し、月ごとに支給されることが多いようです。

友達紹介だけで6000p

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

「ポイントタウン」とは?

私が最近利用しているポイントタウンは大手企業GMOが運営しているポイントサイトで、

様々な条件でポイントが入り、現金やその他電子マネー等に換金できるサービスです。

最近はアプリ内のポイント等で買い物ができるお店が増えてきていて、

こういったアプリは注目を集めているので、今後ますます人気になっていくのではないかと思います。

ポイントタウンはインターネットでログインして使うこともできますが、

スマートフォン用のアプリもあるので、いつでもどこでも利用できます。

具体的にはログインしたり、お店に行ったりするだけでポイントがたまります。

当然お買い物したりしてもたまります。

また、これがイチオシなのですが、

歩くだけでポイントが貯まるシステムもあるのです!  

ポイントサイトの一番嫌なところはポイントがなかなかたまらないところですが、

ポイントタウンに関してはその敷居が以上に低いのでストレスなく稼げますね。

また、換金も100円からできるので利用者に優しいですね。

そして今現在最強にお得なのが、友達紹介です。

ポイントタウンに登録して友達に紹介するとそれだけで6000ポイントももらえます・・・

これだけで月数十万ポイント稼いでいる人もいるようです・・・

そんなポイントタウンですが、当然登録から利用まで全て無料です。

無料登録はこちらのバナーかリンクをクリック!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

スポンサーリンク

フォローする