【保存版】株式投資の始め方 必要なものは?

tousi

スポンサーリンク

まず、始めてみよう

株式投資に興味を持っていろいろ調べているうちに、とりあえず株式投資を始めてみたい!
と思う方が多いと思います。
本やインターネットで事前に勉強することは大切ですが、
実際に自分で取引をして経験を積んでいくことも大切ですからね。
いいなぁ、やってみたいなぁ、と思っていても何も変わりません。
投資やビジネスでは、まずはやってみよう!という行動力が一番大事です。
しかし、よし!今日から株式投資始めるぞ!
雑誌に載っていた○○会社の株をさっそく買ってみよう!というようにはいきません。
最低限事前に準備しなければいけないことがいくつかあります。
①取引用端末の準備
②資金の準備
③証券口座の開設

①取引用端末の準備

まず始めに、株取引を行う端末を用意しなければなりません。
現代の株取引はインターネット上での取引が主流になっていて、パソコン・スマートフォン・タブレット等が必須です。
特におすすめはありませんので自分のライフスタイルにあった端末を選びましょう。
その端末を使って日々の株取引をすることになります。

②資金の準備

多くの方が最初にどのくらいの資金を投資すればいいのだろう?とお悩みだと思います。
株を購入する場合基本は何十万円~何百万円程度必要になってきますが、最初からその金額がなければ始められないわけではありません。
株には単元というものがあります。単元とは株を購入するときの最低の単位のことです。
例えば1株1,000円の株の単元が100株だと、最低100株購入しなければいけないので、最低でも1,000円×100株で100,000円必要になってきます。
しかし、株価が1株120円で単元が100株の株や1株60円で単元が100株の株など、株価が安く、単元数が少ない株もたくさんあります。
そうすると、数千円~数万円の資金で投資することができます。
投資金額が少なければ少ないほど利益も少なくなってしまいますが、自分に合った、無理のない金額設定をして資金を準備すれば良いと思います。
③証券口座の開設
株の取引は証券会社を通して行います。
ですので、証券会社の証券口座を開設する必要があります。
証券口座開設?なんか複雑そう・・・と思うかもしれませんが、インターネット上で簡単に手続きすることができます。
まずは、証券口座を開設する前に証券会社を選ばなければなりません。
証券会社なんて聞いたことない。どれがいいかわからない。という方がほとんどだと思いますが、皆さんがいつも預金に利用している金融機関となんら変わりません。
金融機関を選ぶとき、手数料が安いなぁとか、定期預金の利息がいいなぁとかそういうことを気にして選びますよね?それと同じです。
たくさんある証券会社の中から自分に合った証券会社を選んで、口座開設をすれば良いのです。
 

〇私が利用している証券口座〇
今なら3か月間手数料無料!


今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする