ボーナスで株を買う!高配配当金株で資産運用をしよう!

haitou

私の配偶者はボーナスをいただける仕事をしているのですが、

先日数十万円のボーナスが支給されました。

普段は私のネットからの収入と配偶者の給与で十分に生活できていて、

貯金もしっかりしているので、今回のボーナスは投資に回すことにしました。

投資をする上での大前提は余裕資金で行うことですので、

貯金をしていなかったり、ローンがたくさんあったりする人は

絶対にまねをしないようにしてください。

ちなみに私が初めて投資を始めたときは、

収入から生活費、貯金、を引いて余ったお金を投資するようにしていました。

収入が少ないうちは余裕資金を生み出すことが難しいかもしれませんが、

少しずつでも投資することで元本が大きくなっていき、

忘れた頃に大きな資産になっていることが多々あります。

ボーナスの時だけでなく毎月の給与からも投資する余裕のある方は

どんどん投資してみてください。

さて、今回はボーナス全額を日本株式に投資しました。

具体的には配当金がでて、その支給率が高い銘柄に絞って投資をしました。

それでは詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

高配当株に複数投資

株式投資をすると、基本的に毎年1回配当金が支給されます。

配当金の支給率は会社によって決まっていて、0.5%~5%程度です。

今回私は配当金の支給割合が3%以上の企業に絞って投資をしました。

もし10万円投資したとしたら、1年で3000円の配当金がもらえるということですね。

これを10銘柄購入したら、全てあわせて100万円、配当金は3万円ということになります。

余裕資金を株に返るだけで毎年これだけの配当金がもらえたらうれしいですよね。

これだけの金額を銀行の定期預金にいれても全く増えませんからね。

しかし、株は価格が変動するので、配当金の割合が3%であっても株価自体が下がってしまえば、配当金も少なくなってしまします。

そのリスクを避けるために、1つの企業に投資するのではなく、複数の企業に少額ずつ投資するのが賢明です。

高配当株のメリット・デメリット

高配当株の良いところはその名のとおり普通の株を持っているよりも毎年の配当金が多いことです。

同じような業種で同じような業績の企業の株を購入するのだったら、

高配当な企業を選んだ方が特ですね。

また高配当株は価格が下がりにくいというメリットもあります。

それは株価に対する配当金の割合は価格が下がれば下がるほど高くなるので、

価格が下がっていくと、配当金の割合がめちゃくちゃ高く感じ、

ますます高配当株だ!という印象になるので、下がってもすぐに価格が戻ってくるのです。

暴落時、不況時にも強い株ということですね。

しかしデメリットもあります。

こんなにメリットのある高配当株ですので、

すでに人気がでており株価が高値で熟成している場合が多いです。

ですので 配当金目当てではなく、株自体の成長を期待していると、

結果はいまいちかもしれません。

今後の成長を期待する株はまたほかの手法で投資するのがよいと思います。

今回は余裕資金で配当金をたくさんもらう投資法の紹介でした!

みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする