GoogleAdSenseマネタイズの教科書・まとめ・レビュー!

google

日本実表出版社のGoogleAdSenseマネタイズの教科書の感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

長期間アクセスを集めるために

アドセンスとアフィリエイトの違い

アドセンスとアフィリエイトの1番の違いは収益性です。

アフィリエイトであれば、1つの成果が発生するだけで、

数千円〜数万円単位の収入が得られますが、

アドセンスは広告1クリックにつき、数十円しか収益は発生しません。

その代わり、ただクリックされるだけで収益が得られるということで、

初心者がお金を稼ぐということへの敷居は低くなっています。

しかしアフィリエイトと比べて単価が圧倒的に低いので

同じように稼ぐためには相当なアクセス、クリックが必要です。

そう考えると、アフィリエイトの方が良さそうですが、そうでもありません。

アフィリエイトは、自分がブログで紹介していることが

その人の契約等に繋がるので、もし、その人が満足できなければ、

ブログの評価が下がってしまいます。

そのためには、信憑性のない内容、古い情報は書けませんので

ブログのメンテナンス(記事のリライト等)が非常に繁雑になります。

みなさんが望むのは、ずっと放置していても自動で収益が発生する仕組みではないですか?

アフィリエイトはそれには向かず、一生記事を書き続けなければならないのです。

数より質

アフィリエイトの場合は、

記事の修正やメンテナンスが必要だということを理解していただけたかと思います。

ではアドセンスの場合は、ただ記事を書き続ければ良いのでしょうか?

違います。

書き続けなくてよい記事を生み出していくことが必要です。

記事の修正が必要なくても、長期間安定したアクセスのある記事が作成できなければ、

何年経っても、何十年だっても毎日毎日記事を書き続けなければ収益はキープできません。

そのためには、記事の数を増やすのではなく、

いかに良質な記事を書いていくかがポイントになります。

テーマ選びが一番大切

「良質な記事」については後ほど説明しますが、

その前にブログのテーマ選びが一番大切になってきます。

ここで一番大切なことは、

アドセンス向きのテーマと

アフィリエイト向きのテーマがあるということです。

よく、悩み系、金融系、などはアフィリエイトの報酬が高額と言われています。

ということは、それらのテーマはアフィリエイトサイトに人気ですよね。

アフィリエイトサイトに登録してみればわかりますが、

それ以外にも様々な種類の案件があります。

では、アフィリエイトサイトで案件の取り扱いのないジャンルはどうでしょうか?

当然、ブログ数は少なくなります。

なぜなら、そのブログを作っても適した広告がないのですから。

そこがアドセンスサイトのおすすめテーマになります。

SEO戦略

検索ユーザーではなくリピーター

よく、検索上位表示が大切。

と言われています。

確かに検索上位にならなければ、記事が閲覧されることはありません。

しかし、検索上位になることは狙って簡単にできることではありません。

SEO対策はほとんどの人が行なっていますし、

どんなアルゴリズムでグーグルが順位づけを行なっているのかは

正直、誰もわかりません。

そんな中で上位表示が大切。といわれても

どの記事が上位表示されるかはわからないですよね。

記事を大量に書いて、数記事トップ表示される記事が生まれたとしても、

数ヶ月たてば、それを超える記事を誰かが書き、順位は落ちていきます。

そんなイタチごっこをしていてはいつまで経っても安定はしません。

そうならないためには、検索上位を目指すのではなく、

良質な記事を生み出した結果、記事の閲覧者がリピーターになることを目指します。

運よく、上位表示された記事をみても、また見てみたいなと思うようなサイトでなければ、

その閲覧者はもう絶対にそのサイトにはきてくれません。

しかし、「このブログに書いてあることは本当に良い情報だな」

と感じてもらうことができれば、

なんとなくブックマークしてもらったり、

検索1位ではなくても閲覧してもらえたりします。

そうすれば、検索順位が高くなくても、

たくさんの記事が閲覧されるのです。

キーワード選びは重要

リピーターが生まれるくらい良い内容の記事を生み出すことを説明しましたが、

やはり、それ以前に検索に引っかかるという壁があります。

100人が読んで90人が満足できるような内容の記事でも

全く検索者の意図とは違うキーワードでタイトルをつけていては

求める人は閲覧してくれないでしょう。

最低限キーワードの組み合わせ方を理解して、

適切なタイトルをつけられるようにしておきましょう。

離脱率は重要

検索順位が上がることとリピーターが増えることは比例しています。

皆さんは、良いな!と思うサイトを見つけた時、どんな行動をとりますか?

おそらく、そのサイトに書いてあることを読み込んだり、

他の関連記事を読んだりすると思います。

逆にいまいちだなと思うサイトや、内容を読んでも問題が解決しなかったサイトは、

また検索に戻り、再度別のサイトを閲覧すると思います。

これらの行動は全てグーグルに伝わっています。

グーグルはこれでサイトの質を判断しています。

当然すぐに離脱してしまうサイトは低評価ですし、

滞在時間が長いサイトは高評価です。

質を落として記事を量産することの意味の無さがよくわかると思います。

全て自分に跳ね返ってきます。