youtuberは絶対一眼レフよりビデオカメラが良い!徹底比較!

youtube
私は今までyoutubeに様々な動画をあげてきましたが、
撮影の際には一眼レフカメラかビデオカメラを使用していました。
長期間使用してそれぞれの良いところ悪いところも見えてきましたし、
現状でどちらがyoutubeに合っているか結論もでました。
私的にはビデオカメラの方がyoutubeには向いていると感じています。
今回の記事ではなぜビデオカメラの方が向いているのか?
一眼レフとどこが違うのかなど解説していきます。
これからyoutubeを始めようと考えている方は
必ずカメラが必要になってきますので、
私の意見を参考にして購入していただければと思います。

スポンサーリンク

Af駆動音

動画撮影では映っている物が移動しますので、
そのたびにピント合わせをする必要があります。
今現在発売されているカメラでは
すべてオートフォーカス機能が搭載されていますので、
自動でピント合わせしてくれます。
一眼レフカメラでもビデオカメラでもそれは同様です。
しかしオートフォーカス時に発生する、
オートフォーカス駆動音には違いがあります。
オートフォーカス起動音とは、
オートフォーカスでピントを合わせるためにレンズが動く時の音です。
オートフォーカス駆動音はビデオカメラではまったく聞こえませんが、
一眼レフカメラでは聞こえます。
一眼レフカメラのオートフォーカス駆動音はレンズによっても違います。
最近発売されているレンズでは静音レンズ等がありますが、
まだまだ駆動音が大きいレンズも多いです。
駆動も当然動画に録音されますので、音が動画にはいって気になる方は
ビデオカメラがおすすめです。
Af駆動音が聞こえないように静音レンズや外部マイクを購入する方もいますが、
そこに高額な経費をかけるのであれば、
画質の良いビデオカメラを購入した方が良いと思います。
 

レンズ選び

一眼レフとビデオカメラの大きな違いはレンズを取り外せるか、取り外せないかです。
ビデオカメラのレンズは変えることはできないですが、
様々なシチュエーションに対応出来るよう、広角からズームまで対応しています。
一眼レフカメラの場合は、自分自身のレンズ選びが全てになります。
広角から望遠までカバーしているレンズを選ぶのか、
接写するためにマクロレンズを買うのか、
高画質を求めて単焦点レンズを買うのか、
駆動音を小さくするために静音レンズを買うのか、
などなど選択肢はたくさんあります。
初心者の方にとってはどれを買ったら良いか分からず、
レンズ選びにも相当な時間を費やさないといけません。
詳しい方であれば問題はありませんがね。
レンズの面で見れば、カメラ初心者の方はビデオカメラがおすすめです。
 

ナイトモード

ビデオカメラは動画撮影のためのカメラですので、様々な場面に対応できます。
テレビ番組やyoutubeで真っ暗の場所をとるときに、
緑がかった画面で映っているのを見たことがあると思います。
あれはナイトモードといってビデオカメラに搭載されている機能です。
ナイトモードがあれば光のないところでも映像を映し出すことができます。
そのような機能があるとないとでは撮影の幅が変わってくると思います。
 

画質

画質に関しては一眼レフカメラの方が良いです。
Youtubeに動画投稿している方の中でカメラなどにこだわりのある方は
やはり画質にもこだわるので一眼レフカメラで撮影していることが多いです。
一眼レフカメラはレンズ選び、af駆動音等々動画撮影する上で
悩ましいこともありますが、画質を妥協したくないのであれば、一眼レフカメラです。
かといってビデオカメラの画質が悪いわけではありません。
今のビデオカメラは4Kにも対応しています。
そんなわけで、動画撮影ではほぼ一眼レフカメラより使い勝手の良い
ビデオカメラをおすすめします。
 

私が使っているビデオカメラ

ちなみに私が使っているビデオカメラはsony fdrax100です。
このカメラはコンパクトで使い勝手が良いにもかかわらず4K対応で画質もばっちりです。
よければ参考にしてみてください。
今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする