副業ブロガーはじめての確定申告!必要書類を準備!

日本にいる人は基本的に納税義務があります。

買い物をしたときにかかる消費税

車にかかる自動車税

所得にたいしてかかる所得税など

みなさんも常に税金を納めていると思います。

そんな感じでブロガーも税金を納めなければなりません。

具体的にはブログで稼いだ収入(所得)に対する所得税です。

その所得税を納めるためには確定申告をしなければならないのですが、

ブロガーが確定申告するためにどんな書類をそろえればよいのか、

具体的にどんな手続きをすればよいのかなど解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブロガーの確定申告

まず大前提として確定申告の説明をします。

副業をしていない人は自分の収入が給料だけなので、

給料を支払っている自分の会社が税務署に

この人の給料は年間で○○円です。なので所得税を○○円納めます。

という報告をすればそれで所得税の納税は完了します。

しかし、ブログなどで給料以外の収入を得ている人は

その収入を外部の人が把握することができません。

いつ、いくら、どこから収入があったのかは自分しかわからないのです。

しかし、その収入にも当然税金がかかります。

給料をもらっている自分が所得税を納めているように、

ブログで収入を得ている人も当然、所得税を納めなければなりません。

では、あなたのブログ収益に対してどのくらいの所得税を納めればいいのでしょうか?

それは、計算しなければわかりません。そのために行うのが確定申告です。

確定申告は簡単にいうと、自分のすべての収入を税務署に申告して、

自分が納めるべき所得税の額を計算し、所得税を納税することです。

イメージとしては、

会社からの給料(年間)200万円(A)

ブログでの収益(年間) 50万円(B)

所得税率(仮)      5%(C)

(A+B)×C=納めなければいけない所得税というふうになります。

この申告、納税を行わないと、税務署が把握していない50万円の収入に対して、

税金を納めていないことになるので、脱税を犯していることになります。

ですから、給与以外の収入を得ていたら、基本的には確定申告をしなければならないのです。

所得20万以下で確定申告不要

今ほど、ブロガーは確定申告が必要だと説明しましたが、

1つだけ例外があります。

それは給料以外の所得が20万円以下だった場合です。

ですから

給料+給料以外の所得が20万以上→確定申告必要

給料+給料以外の所得が20万以下→確定申告不要

ということになります。

ここで注意してほしいのは、20万円の基準が

収入ではなく、所得だということです。

ブログで得た広告収入等が年間で35万円だったとすると、

20万円の壁を越えてしまいますが、その35万円は収入なので、

20万円の壁の判断には使えません。

ではどうやって収入ではなく所得を計算するかというと、

所得=収入―経費

です。

ですので、収入が35万円で20万円の壁を越えていても、

経費が16万円以上であれば、35万―16万で

所得は19万円となり、確定申告の必要はなくなります。

経費の算出については別の記事で詳しく説明していますのでそちらで理解してください。

ブロガーが初めて確定申告する前に知っておきべき基礎知識
収入・必要経費・所得? 超簡単にいうと、、、 収入・・・入ってくるお金全て 経費・・・収入を得るためにかかる経費 所...

副業ブロガーは白色申告

確定申告は大きく分けて青色申告白色申告の2種類にわけられます。

簡単に説明すると、青色申告は節税効果が高いが帳簿管理方法が複雑、白色申告は帳簿管理方法が簡潔だが、節税効果はないです。

これを見ると青色申告のほうが納める税金が減って、よい気がしますが、

実際のところ、副業ブロガーでは白色申告しかできません。

それは副業ブロガーのブログ収益は雑所得として判断されますが、

青色申告できる所得の中に雑所得はないのです。

ですから、どうしても副業ブロガーは白色申告になるのです。

それでは白色申告に必要なものを説明します。

白色申告の必要書類

白色申告に必要なものは3つあります。

1つ目は確定申告書B
2つ目は確定申告書の添付書類
3つ目は収支内訳書
です。

1つ目の確定申告書Bは国税庁のHPにアップロードされているのでダウンロードして記入します。

この確定申告書Bを作成するには1年間の収入や経費、所得をまとめておく必要があります。

ですので、ブログ収益がいくらあったのか、給与収入はいくらだったのか、

経費はいくらなのか等、日ごろから記帳しておく必要があります。

2つ目の確定申告書の添付書類は、保険料の証明書等控除関係の書類や給与の支払い額を証明する源泉徴収等を添付します。

これらの書類は毎年年末調整のときに使っていると思うので、そのまま保管しておきましょう。

3つ目の収支内訳書も確定申告書Bと同じく、収支を細かく分けて記入する必要があります。事前に勘定科目ごとに記帳していればわけるのが簡単ですが、

収支内訳書を作成するときになって1年間の収支を分類するのはかなり大変ですので日ごろから記帳して、確定申告の時はそれをまとめるだけの作業になるようにしましょう。

税務署に提出する書類は以上となりますが、そのほかにも保管しなければならない書類があります。

それは収入や支出を証明する書類です。

例えば、収支がまとめて見れる通帳、経費の支払いを証明する領収書、収入を証明する振り込み履歴等があります。

ブログをやっていればドメイン代、サーバー代等は必ずかかってくるので、

必要経費として計上することができますが、その支払いを証明できる書類がなければ経費としては計上できません。

確定申告の時にチェックするわけではありませんが、税務調査があったときにいつでも提示できるようにしっかりと保管しておくことが大切です。

確定申告までの流れ

なんとなく副業ブロガーの確定申告についてイメージしていただけたかと思います。

今説明したことをざっくりまとめると、

常に収支を記帳する

・入金や出金があったときはその内訳がわかる証明書類(領収書等)を保管する

・確定申告の時期になったら、記帳していた帳簿を確認しながら、確定申告書、収支内訳書を作成する。

・確定申告書の添付書類を確認する。

・必要書類を持って税務署に行く。

・提出書類をもとに所得税額が計算され、所得税を納める。

これですべて完了です。おつかれさまでした。