ブロガーが初めて確定申告する前に知っておきべき基礎知識

Beginner

スポンサーリンク

収入・必要経費・所得?

超簡単にいうと、、、
収入・・・入ってくるお金全て
経費・・・収入を得るためにかかる経費
所得・・・収入から経費を引いた額
収入ではなく、所得が一定金額を超えると所得税の納税義務が発生する。
会社からの収入と、ネットからの収入がある場合
会社からの収入は会社が把握し、1年間で納めなければならない
所得税も計算され、年末調整で精算されるが、
ネットからの収入は自分たちしか把握できず、
経費がどのくらいかかったかも分からないので、自分で確定申告(税務署に1年間の収入などを申告し、税金を計算すること)することになる。
2カ所以上(会社とネット)から収入がある場合は、年末調整されなかった方(会社の所得以外)の所得が20万円以上になると確定申告しなければならない。
収入ではなく、所得が20万円以上なので間違えないようにする。
たとえば、収入が200万円でも、経費が190万円かかっていたら所得は10万円となり、確定申告の必要は無い。
逆に収入が25万円でも経費が3万円だったら所得は22万円となり、納税義務が発生する。

雑所得?事業所得?

 
所得には様々な種類がある。
会社から得ているのは給与所得である。
アドセンス、aspからの収入はおもに、
雑所得事業所得として判定される。
収入が微々たるものだったり、事業規模が小さかったりすると
雑所得として判断される場合が多い。
ネットでの収入が雑所得、事業所得どちらに該当するかによって
税金面で違いが出てくる。

白色申告・青色申告?

確定申告には白色申告と青色申告というものがある。
白色申告は、日々の取引などの記録は簡易な帳簿作成でok
青色申告は、複式簿記により、様々な帳簿をそろえなければ成らないが、
所得から65万円の控除を受けることができる制度。
控除とは所得からその金額を差し引いて所得を少なくしますよ。
という意味です。
もし所得が200万円で所得税率が5%だったら10万の所得税がとられますが、
青色申告して65万の控除を受けられたら、200万―65万で所得は135万
135万かける5%で所得税は67500円になる。
所得が大きくなればなるほど所得税のパーセンテージが大きくなるので、収入が大きくなったときにいかに所得を少なくするかが節税の鍵。
それを考えると、どう考えても白色申告より青色申告の方がよいが、
青色申告は、所得が雑所得の場合は使えない。
事業所得であれば青色申告できるが、雑所得になると白色申告しかできない。
事業所得として認められるには、収入金額、継続性、などいろいろあるが、
個人事業主の開業届をだすのも効果的かもしれない。
開業届は会社を立ち上げるのとは別で、税務署に紙一枚提出するだけですむ。
事業所得と雑所得の区分については明確になっていないので勉強が必要。

仕訳をする 

収入、経費を把握するためにクラウドの会計ソフトは絶対に必要。
青色申告するためには会計、簿記の知識がそれなりに必要だが、
会計ソフトを使うと、知識がなくても簡単に確定申告ができる。
日々の取引をしっかり仕訳しておけば、確定申告の時に慌てることもなく、
スムーズに処理が進みます。
僕が使っているソフトではクレジットカードの利用などから
自動で仕訳までしてくれる機能が付いています。 

必要経費?

所得税を減らすためには所得を少なくする必要がある。
そのためには購入品をできるだけ経費にすることが必要である。
経費は絶対にその事業に必要なものでなければならない。
たとえば、サーバー代、ドメイン代、など。
なにか買うときは経費として落とせないか考えるようにしていこう
ここで注意して欲しいのが、経費にするには基本的に領収書が必要になることだ。
どんなものが経費になって、どんな証明書類が必要なのか勉強しておこう。