注意!アリエクスプレスは本人確認・アピール申請が必要!【中国輸入】

ali

中国輸入ビジネスを始めるのであれば

避けて通れないのがアリエクスプレスです。

品揃え、価格は文句なしで、

タオバオやアリババと違い、代行業者を利用せずに

自分で商品を購入することが出来ることで有名です。

価格はタオバオやアリババよりは少し高めですが、

代行業者を通さない分、手数料が取られませんので、

ぶっちゃけアリエクスプレスの方がよいです。

しかし、アリエクスプレスにも注意しなければならないことがあります。

それが本人確認についてです。

スポンサーリンク

アリエクスプレスの本人確認

先日、アリエクスプレスで商品を大量に注文しました。

いつも通り、楽天カード(JCBカード)でクレジットカード決済をしようとしたところ、

Your Order has been closedという画面が現れ、

セキュリティ上の理由で決済できないと表示されました。

アリエクスプレスの登録名義とカードの名義人が異なる場合に

発生することが多いそうですが、私の場合今までは普通に決済していたので驚きました。

アリエクスプレスからの要求は本人確認のための書類をアップロードでした。

本人確認書類

アリエクスプレスにアップロードする書類は3種類です。

1つめはパスポート又は運転免許証の鮮明なコピー

2つめはクレジットカードの鮮明なコピー

3つめはクレジットカードの利用明細書

です。

これらをアップロードし、アピールすることで、

支払い待ちになっている注文の支払いをすすめることができます。

注意点ですが、クレジットカードの番号は

最初の6桁下4桁が確認できればよいそうなので、

不用な桁は隠してからアップロードしましょう。

アリエクスプレスは中国では有名な業者ですが、

気軽に自分のクレジットカードをアップロードするのは危険です。

アピール後は支払い

アップロードが完了すると、

営業日3日以内にアリエクスプレスからメールが届きます。

メール到着後は登録したクレジットカードで支払いができるようになっています。

本人確認が完了していない状態だと、

注文はされているけど、支払い待ちの状態になっているので、

登録完了後に自分で支払いを完了させなければいけません。

今後の対応

この症状が発生するのは、名義が一致しない場合、

高額注文している場合がおおいそうです。

一度承認されれば、良いというわけでもなく、

またアップロードを要求されることもあるようです。

あまりにも頻繁になるようでしたら、別のクレジットカードで対応するのも良いかもしれません。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする