アリエクスプレス の追跡で違う別の住所に届いた時の対処法!

ali

中国の商品が激安購入できることで有名なアリエクスプレスですが、

日本の業者ではないのでトラブルが付き物です。

私も普段からアリエクスプレス を利用していますが、

これまでに様々なトラブルにあい、対応してきました。

今回はアリエクスプレスの追跡機能で

別の場所に荷物が届いたことになる現象について

解説し、対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アリエクスプレス偽追跡番号

アリエクスプレスでは商品が今どこにあるのかを追跡できる機能がありますが、

業者によっては偽の追跡番号を送ってくる場合があります。

その理由は実際には発送準備が間に合っておらず、

とりあえず発送したことに見せかけるためです。

アリエクスプレスでは購入してから一定期間内に業者が発送通知をしないと

注文が自動キャンセルされる仕組みになっているので、

それまでには必ず発送通知を送る必要があるのです。

しかし、発送通知をするときに追跡番号を示す必要がありますので、

実際に発送していない場合はデタラメな追跡番号をつけてくるのです。

追跡番号が違う住所に届く

偽物の追跡番号の場合、追跡番号を入力し、

商品の発送経過を見ていると、おかしなことが起こります。

私は新潟県に居住しているので

商品は当然新潟県に向かってこなければいけませんが、

商品は日本に到着後、別の都道府県に向かいます。笑

そして知らない郵便局から知らない住所に配達され、

配達完了という結果が表示されます・・・

初めて見たときはびっくりしました。

アリエクスプレスから配達完了の通知がきたにも関わらず

商品が手元に届いていなかったので、

追跡番号で経過を確認してみると、

奈良県で到着になっていました・・・

こうなってしまうと、実際に商品は発送されているのか、

最初から全く送る気がなかった(詐欺)のか等わけがわからなくなってしまいます。

商品到着から10日で自動受け取り

そしてアリエクスプレス には厄介な制度があります。

アリエクスプレス では購入者保護のために

商品到着を受け取り確認をするまでは業者にお金が入らないようになっていますので

通常では商品が届かなければ受け取り確認をしなければ良いのですが、

今回のパターンではそれができません。

それは追跡番号上商品が到着したことになっていると、

購入者が到着から10日以内に受け取り確認をしないと

自動で業者にお金が入ってしまうからです。

偽追跡番号で到着になっていても実際に商品は届いていないわけですから、

受け取り確認はしないのが普通ですが、ステータスが到着になっていることで

タイムリミットが10日しかないのです。

偽追跡番号の対策

偽追跡番号に当たってしまった場合は、

まずはセーラーに連絡を取りましょう。

英語で連絡する必要がありますが、

googleの翻訳機能を使えば問題ありません。

業者には

追跡番号が間違っている旨

商品発送の有無

正しい追跡番号

等について確認をしましょう。

業者側も適切に対応しないと

フィードバックで低評価をつけられてしまうので、

連絡は帰ってくると思います。

もしも、業者が商品を発送していたり、

発送し直してくれることになった場合は、

そのまま待ちましょう。

10日以内に届かなければ商品を確認する前に

お金が渡ってしまいますが、

業者とのやり取りの中で発送したと言っていれば

ある程度安心できます。

それでも本当に送られてこなかったら

嘘の発言を全て証拠として戦えますからね。

そしてセーラーに連絡をとっても

適切な対応がされず、10日経過してしまった場合は、

紛争を起こしましょう。

紛争はアリエクスプレス が仲介して

中立の立場でどちらが悪いか判断し、

適切な対応をしてくれるというものです。

偽追跡番号の場合は、

実際に別の住所に商品が届いている追跡番号のスクリーンショットや

説明しているのに業者が対応してくれないことを説明したりして、

アリエクスプレス にアピールしましょう。

完全にこちらに非がないので、返金対応になると思います。

今までで本当に参考になった書籍3選!!!

スポンサーリンク

フォローする